> >

永久的な脱毛が可能なレーザー脱毛。危険を伴うという都市伝説を検証します



全身脱毛

 

最近、特に人気を集めているのがレーザー脱毛です。
なかでも、医療レーザー脱毛は確実性が高いとかなり評判が高いです。

 

 

医療レーザーも、絶対に安全ではありません

以前よりあったニードル脱毛よりも遥かに痛みが少なく、そして肌のトラブルが発生するリスクも少ないです。にもかかわらず、医療レーザー脱毛では相当の確実性が担保されているわけですから、人気がでないはずがありません。
とはいえ、医療レーザー脱毛には危険性がありますから、それを認識しておくことは大切だといえるでしょう。

 

 

日焼けしているところにレーザーを当てるのは危険

そもそも、レーザー脱毛というのは黒い色素に作用していくものです。
どういうことかというと、メラニンに向かって照射されたレーザーがそこに吸収されます。
そして熱を発生させ、毛胞組織を破壊して、永久脱毛の効果を得ていくものなのです。このような原理からわかるように、当然、やけどのリスクというものを抱えています。施術の後に、毛穴の周りが赤くなってしまう方も多いです。
黒い色素に反応するものですから、肌の黒くないところへのダメージは少ないのがメリットであるといえます。一方で、肌が黒かったり、日焼けした肌で施術を受けることはとても危険なのでできません。

 

 

レーザーの種類

このレーザー脱毛は、ニードル脱毛に比べればまだまだ歴史が浅いです。
十数年前に、アメリカで使われだしたのが始まりです。日本に伝わったころのレーザー脱毛は、アレキサンドライトレーザーと呼ばれるもので、熱を発生させてもそれを冷やす装置がありませんでした。ですから別に冷却するための手段が必要でした。
しかし、今では当然、それも改善されて、広く用いられているのはダイオードレーザーと呼ばれるものです。これは毛質を選ばずに使用できるレーザーで、産毛のような細い毛まで脱毛していくことができるのです。

 

 

時代の進化!ロングパルスヤグレーザー

さらに画期的なレーザーとして、ロングパルスヤグレーザーというものが出現しています。これは先ほど述べた黒い肌の人や日焼けした肌でも使用できるレーザーとして、これまで存在したリスクを回避するものです。毛質だけではなく、肌質をも選ばずに使用できるレーザーが開発されているのです。男性が髭を脱毛するのにも、このレーザーが適しています。
このように、レーザー脱毛はリスクを抱えながらも、それを改善していくレーザーが開発され、徐々に普及しています。自分がしたい脱毛方法を見極めて、そしてレーザー脱毛を選ぶのなら、このようなリスクの存在を知っておくことが重要です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.