> >

その自己処理がトラブルを招いている?!みんなのワキ毛お手入れ事情



わき脱毛

 

なかなか友人同士でも話し合うことが少ないワキ毛のお手入れ方法。
皆さんは一体どのようにワキ毛を処理していますか?気になるワキ毛のお手入れ事情についてまとめてみました。

 

 

ワキ毛のお手入れはカミソリがスタンダード

ワキ毛のお手入れ方法として、最も多いのが「カミソリ」という意見です。
自己処理でのお手入れグッズとして重宝するカミソリは、ドラッグストア等でも手頃な価格で手に入ることから、ワキ毛が生え始める年頃の中学生でも、簡単に購入出来るというメリットがあります。

 
T字タイプのカミソリなら、比較的安全に剃毛することが出来る点も人気のポイントです。
しかし、カミソリによるお手入れでは、根元までキレイに処理することが出来ませんので、ポツポツと黒ずんでしまったり、カミソリ負けによる皮膚トラブルに悩む方も多いという現実が・・・。

特に、皮膚が弱い方にとっては、カミソリを使うことでガサガサになってしまう所が難点とされています。

 

 

地道な毛抜き派と脱毛器は一度やったらコリゴリに?!

カミソリによる根元のムダ毛が気になる方が、次にたどり着くのが毛抜きと電気脱毛器による自己処理でのお手入れ方法です。

 
しかしながら、毛抜きを使った脱毛は1本1本抜いていかなければなりませんので、途方もなく時間がかかります!そのうえ、抜く時に激しい痛みが伴うという苦痛を味わなければならず、少々拷問に近いお手入れ方法です。

 
また、家庭用の電気脱毛器で手軽に脱毛した方は、最初はキレイになるものの、次第に「埋没毛」などのトラブルを抱えるという結果に。

埋没毛になってしまうと皮膚の下で毛が生えてしまうので、キレイなワキとは程遠い仕上がりになってしまいます。トラブル後に後悔する方も多いので、要注意のお手入れ方法です!

 

 

脱毛ワックス&除毛クリームでお手入れ

カミソリや脱毛器がダメなら!とトライしたくなるのが、市販の脱毛ワックス&除毛クリームです。

 
脱毛ワックスと言っても肌に優しいタイプが出てきているので、お手入れ後に肌がつるつるになった!という良い意見もあります。
除毛クリームにおいても、薬剤を塗ってから拭き取れば毛が抜けるので、意外にもワキ毛のお手入れには便利なグッズとして愛用している方もチラホラ。

 
しかし!脱毛ワックスも埋没毛になりやすいとの声も。そして除毛クリームは、肌が弱い方はかぶれやかゆみに発展するケースもありますので、デメリットを踏まえて使用しなければなりません。


仕上がりの美しさがすばらしいエステのフラッシュ脱毛

通う手間などデメリットはありますが、脱毛の仕上がりのキレイさは、断然プロの施術を受けるフラッシュ脱毛に軍配があがります。

自己処理では、見落としがちな、ワキのくぼみの部分、隅のほうまで、きちんと光を照射し、ムダ毛に対応してもらえます。

また、フラッシュ脱毛は毛根に光を照射してダメージを与えるので、毛穴がきゅっと引き締まって見えて、お肌がキレイに見える効果も。

反対に、自己処理でお肌を傷めてしまうと毛穴が開き、ざらざらとした見た目に見えてしまいます。

仕上がりの美しさを求めるなら、プロにお任せ、と心得ておくといいでしょう。


結局ワキ脱毛にはフラッシュと自己処理どちらがいいの?

脱毛エステに通うには、それなりのコストと手間がかかるので、カミソリでの自己処理で十分、と考えている方もいると思います。

最終的には、自分にあった方法が一番というところに落ち着くのですが、個人的には、ワキはエステのフラッシュ脱毛!と、考えています。

ワキは非常に人気の高い脱毛部位故に、トライアルを行っているエステが比較的多く、永久保障をつけても数万円、ということがざらにあります。

数万円で、毎日の自己処理から解放されるとしたら、非常にコストパフォーマンスがいいとは思いませんか。

また、一般的に、自己処理よりも、長い期間、脱毛効果が持続します。

数回通えば、ほぼ毛のない状態になる方がほとんどです。

さらに、他の脱毛部位とあわせて申し込みをすれば、もっとオトクに脱毛を受けることができるケースも。

気になったら、まずは、3回で数千円のコース、1回トライアル500円のワキ脱毛など、
気軽なコースで申し込みをしてみるといいと思います。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.