> >

エステでわき脱毛を断られる場合がある?エステのフラッシュ脱毛が出来ない女性の共通点



わき脱毛

 

わき脱毛をこれから始めようと考えているそこのあなた。

わき脱毛は誰でも行えるわけではなく、場合によっては施術をお断りされる場合があるという事をご存知でしょうか?

 
今回は、脱毛を行うことが出来ない女性、お断りされる可能性がある女性はどんな方かをお教えします。

 

 

刺青やタトゥーなどを脱毛部位に入れている方

温泉やプールなどでよく見られる“刺青・タトゥーを入れている方お断り”とは意味合いが違い、これには医学的にもれっきとした理由が存在します。

 
脱毛する部位(わきの下にタトゥーを入れている方は滅多にいないかもしれませんが…)に刺青などが入っていると、レーザーや光の場合は、極度に皮膚を傷める危険性がある為、脱毛が出来ない規則になっています。

 
また、施術部分にほくろがある場合も同じことが言えるため、ほくろの部位だけは脱毛処理を行わずに、その部分を避けて脱毛が行われます。
その為、ほくろがある一部だけ毛が残ってしまうという方もいるかもしれませんね。

 
万が一わきの下に刺青を入れている方が居る場合は、その部位を避けての施術、または刺青の部位が多い場合は、施術をお断りされることもあります。

 

 

妊娠しているor妊娠している可能性がある場合

妊娠している女性に施術を行うと、お母さん本人に影響がなくても胎児に多大な影響が出てしまう場合があります。

 
レーザー、光脱毛はもちろん、多くの場合に施術をお断りされることがほとんどです。
施術前に塗られるクリーム一つとっても、赤ちゃんには猛毒になる危険性があります。

「わきの下だから関係ないでしょ!」

と思われる方も中には居るかもしれませんが、妊婦さんはレントゲンですら撮ることを避けられているので、避けるに越したことはありません。

妊娠中は赤ちゃんにもしものことがあったら大変ですので、出産後、落ち着いたらまた改めて施術を開始してくださいね。

 

 

自己責任でも脱毛しちゃダメ?

脱毛を始めたいのに出来ないというのは辛いですよね。
施術を楽しみにしていたのにどうしてと嘆かれている方も多いかもしれません。

 
ですが、それぞれちゃんとした理由があるのもまた事実。
自分の体を守るためにも必要な措置ですので、サロンのスタッフさんに駄々をこねないようにして下さいね。

どうしても脱毛が諦めきれないという場合には、何か対策をとったり、妊娠期間が過ぎたりしてから再度挑戦するなどしてみて下さい。

 
脱毛は、絶対に行わなければいけないというものではありません。
本当にあなたにとって大事なのはなんなのかをよく考えて行動をしましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ワキ脱毛

Comments are closed.