> >

毛抜きでのワキ毛の自己処理で肌に炎症が…!トラブル回避のケア方法




自分でワキのムダ毛を処理していて、肌が赤くなったり、毛穴が目立ったり、ブツブツになってしまったことはないでしょうか。
これは自己処理で肌がトラブルを起こしているのが原因です。

 

毛抜きやカミソリでの処理で肌に炎症が起こる可能性も

他にも肌が黒ずんでしまったり、ザラザラになってしまったり、肌が炎症を起こしたりしたような人もいるのではないでしょうか。
特に、毛抜きで処理をするときに肌トラブルを起こしている人は多いようですが、カミソリや家庭用の脱毛器でもそのような肌トラブルはあります。

できれば、毛抜きやカミソリを使った自己処理はやめていただくのがいいのですが、それは難しいと思うので、まずは処理の回数を減らすようにしましょう。特に毛抜きを使って処理をしている人は、他の脱毛方法(電気シェーバー)などに切り替えた方がいいです。

 

炎症を起こさないためには処理後にケアを

それでは、もうすでにそうなっているという人がどうしたらいいかというと、まずムダ毛の処理をしたら、必ず冷たいタオルなどで開いた毛穴を引き締めるようにしましょう。その後、保湿ジェルやローション、クリームなどを塗るようにします。

また、日々のケアとして、週に1~2回、角質を柔らかくしたり除去したりするようなローションを塗るのをおススメしますが、これは肌が炎症を起こしていないときに限ります。数は多くないのですが、この鳥肌のようなブツブツを直すクリームを売っているところがあります。ドラッグストアだと見つかるか分からないのですが、ネットショップなどではすぐに見つかると思います。

それから、膿があったり、赤く腫れたりしている場合は、自分で何か処置をするよりは皮膚科などに行って診てもらったほうがいいです。

 

肌にやさしいエステでの脱毛

また、自己処理の回数を減らすための最後の手段としては、脱毛エステに通うという方法もあります。今は数百円のお試しコースもあるので、手軽に通うことができます。脱毛エステに通うことで、自己処理の回数が減りますし、保湿ジェルや肌にいい成分を含むローションを塗ってくれたりするので、脱毛の際の肌のトラブルも少ないです。

ただ、きれいに脱毛が終わるまでには、かなり時間がかかり、その間に店舗に行く数日前は自分で処理ができないという問題もあります。

脱毛が終わるまでには、2~3か月に1回店舗に通い、合計で1年~1年半の時間がかかるので、実際に店舗に行くのは、8~10回程度ですが、それを面倒くさがらずに通えればいいと思います。
極力、自己処理の回数を減らし、脱毛後にはアフターケアを忘れないようにしてください。

 

通いやすいサロンを選ぶ!

サロンで脱毛を始めたら、今後何度も通わなくてはなりません。
特にワキの場合、他の部位に比べて脱毛効果を感じるまで回数と期間がかかる場合が多いですので、途中で面倒にならないような立地にあるサロンを選びましょう。

 
脱毛サロンに行くためだけに出向く場所より、通勤や通学途中に寄りやすいとか、よく買い物で行く場所などを選ぶのがコツです。

 

予約が取りやすいか調べておく!

通常、脱毛サロンで脱毛したらそのまま次回予約を取ることができますが、毛周期に合わせて予約を取るので次回の日にちが2~3か月後になってしまうことが普通です。

でも、そんなに先だとどうしても用事で行けなくなってしまうこともあるでしょう。
人気の脱毛サロンは予約が取りにくいことが多くありますので、急に予定変更をしてしまうと近い日にちで予約が取れないかもしれません。

毛周期に合わせてサロンに行きたくても行けないということになりがちです。
無料カウンセリングのときに直接聞いたり、事前に口コミで予約の取りやすさについても確認しておくといいでしょう。
もしくは、店舗移動が自由な大手サロンなら希望の日時で空いているサロンを探しやすくなります。

脱毛初心者さんでも始めやすいのがワキ脱毛です。キャンペーンを利用して気軽に脱毛体験に足を運んでみてはいかがでしょうか。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ワキ脱毛

Comments are closed.