> >

脱毛テープ、ワックス、電気シェーバーでワキ毛を処理する際の注意点




ワキ脱毛を自己処理で済ませている人も多いかと思いますが、普通はカミソリや毛抜き、除毛クリームでの定番の脱毛方法以外の方法で脱毛をしている人も中にはいるでしょう。
それでは、どのような脱毛の方法があり、そのような処理方法をするときに、どんな点に注意したらいいかについて、紹介していきます。

 

1. 脱毛テープ

まず、脱毛テープです。普通はワキ脱毛よりも腕やヒザ下などに使われることが多いですが、ワキ脱毛に使う人もいます。痛いという人もいれば、痛みは一瞬で、一気に毛が抜ける快感があるという人もいます。テープを貼って一気にはがすので、手間は少なく、毛穴から毛が抜けるので、毛が伸びて来るまで時間がかかりますが、脱毛テープには問題もあります。肌が荒れたり、炎症を起こしたりするなど、肌のトラブルが多く、テープをはがした後に、肌が真っ赤になってしまうこともあります。使うときは、温かいタオルをあてて、まず毛穴を開いた状態で使うようにしましょう。また、毛を抜いた後は、今度は冷たいタオルで、毛穴を閉じ、最後は保湿の為に、化粧水やクリームを塗るようにしましょう。脱毛テープはちょっと毛が伸びた状態でないと使えないので、ある程度毛が伸びるまで待たないといけないという点もあります。

 

2. 脱毛ワックス

脱毛テープに似たようなものとして、脱毛ワックスもあります。脱毛ワックスはワキにワックスを塗って、その上からシートを貼ります。そして、しばらく待つと、ワックスが冷えて、それを一気にはがすことで、毛が抜けるというものです。注意点は脱毛テープとほぼ同じですが、使う前に毛穴を広げるために、温かいタオルをあてる必要はないですが、お風呂やシャワーの後に使うといいでしょう。ワキは肌も薄いので、肌が弱い人は少し注意が必要です。

 

3. 電気シェーバー

また、電気シェーバーで脱毛をしている人もいるかと思います。簡単に自己処理ができるので、とても便利な脱毛方法です。カミソリと似たような感じもしますが、肌を傷めないような仕組みになっているものも多く、肌のトラブルは比較的少ないです。一方で、肌を傷めないようにしているということは、深いところまでは毛を処理できないということです。ワキは毛が太いので、剃った後がボツボツになってしまうこともあり、すぐに毛が生えてきてしまうこともあるので、毎日のように処理も必要になってきます。電気シェーバーを使って、ムダ毛を処理した後は、必ず保湿用の化粧水やクリームを塗るようにしましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.