> >

せっかくの処理やケアが台無しに!埋没毛ができる原因とその対策



エステサロンLIP
黒くてブツブツしていて、見た目が汚くなってしまう埋没毛。一度なってしまうとなかなか元には戻らず、せっかくムダ毛を処理したのに結局肌を隠して過ごさねばならなくなります。今回は、埋没毛を作らせないための工夫と、できてしまった埋没毛の対処法についてまとめました。

 

埋没毛ができる原因は?

ムダ毛を処理するとき、毛抜きで無理に引っこ抜いたり、強い力で剃ったりすると皮膚に傷ができます。そして、その部分に炎症が起き、毛穴がふさがってしまうのです。
こうなると新しく生えてきた毛は外に出ることができなくなり、皮膚の下で伸び続けるしかなくなります。

特に、毛抜きや脱毛器を利用して抜く方法は無理な力がかかりやすく、毛が途中で切れてしまったり、毛穴を広げてしまったりするので要注意です。自己処理をするときは、できるだけ優しく剃るか、除毛クリームを使うようにしましょう。

 

できてしまった埋没毛の対処法

埋没毛を見つけると、気になってピンセットなどを使って自分で掘り出してしまう人がいますが、これは皮膚を傷つけて余計に悪化させるだけなので絶対にやめてください。
このような場合は、皮膚科にお世話になるのが一番。メスを使って皮膚を切って取りだすのでちょっと怖いですが、切開する範囲は広くないし、医療機関なのできちんと最後まで責任を持って処置してくれます。
ただし、ほとんどの皮膚科では埋没毛の治療を保険適用外として扱っているので、費用はそれなりにかかります。

皮膚科での処置に抵抗がある場合は、しばらく我慢してそのまま放置してください。そうするとやがて毛先が顔を出し始めるので、抜かずにシェイバーか除毛クリームで処理をしましょう。
少しでも早く効果を出したいときは、皮膚の表面をやわらかくするクリームを塗り込むと良いです。

 

埋没毛を作らせない処理法とは

自宅で処理したい場合は、剃る・除毛クリームのほかに毛を脱色するという方法もあります。真っ黒のままだと目立ってしまうムダ毛も、色を抜いてしまえばそれほど目立たなくなります。ただし、近くに寄るとごまかしきれないので、恥ずかしい人は普通に処理したほうが良いでしょう。

結局、ムダ毛のことは、やはりその道のプロにお任せするのが正解。サロンやクリニックでは、長年の研究と独自の技術の開発により、比較的低料金でレベルの高い施術を受けることができます。医療用レーザーを扱うクリニックなら、医師免許を持つ先生が肌トラブルにも対応してくれるのでより安心です。


エステの脱毛はおすすめ

医療脱毛の方が早く効果は見込めますが、エステ店に比べ料金が高め。また一般的に取り入れられているエステ店での光脱毛と違い、医療脱毛はレーザーが主流なので施術時に若干の痛みも伴います。

エステ店では完了までに多少期間はかかりますが、価格が安く痛みも少ないのがメリットで気軽に施術に通うことが出来ます。

毛周期に合わせて2,3ヶ月に1回ほどのペースで通い、個人差もありますが1~2年で自己処理が不要になります。

エステと聞くと「無理な勧誘や販売があるのではないか?」と心配になりますよね。

最近のエステ業界はほとんどのお店で無理な勧誘や販売を行わなくなってきています。せっかく契約しても、施術の度に勧誘されたら通うのが嫌になりますよね。


脱毛エステと契約前に事前に無料カウンセリング

契約前に事前に無料カウンセリングが受けられるお店がほとんどなので、その際にお店の雰囲気やスタッフの対応等を見てみましょう。もし自分に合わなかったり、強引な勧誘があった場合は契約する必要はありません。まずは気軽に行ってみましょう。

また、最近は脱毛専門のエステ店があったり、大手エステ店でも様々な脱毛プランを売り出したりと、施術方法だけでなくお店ごとに色んな特徴があります。

何軒か行ってみて、自分に合ったお店を探してみるのもいいかもしれませんね。


ワキ脱毛で黒ずみも改善

ワキ脱毛をすると、ムダ毛がなくなるだけでなく黒ずみなども改善されます。
また、ムダ毛がなくなると皮膚が清潔な状態になるので、わきがなどで悩んでいる方にもオススメできます。

誤った自己処理でボロボロのワキになる前にまずはエステ店の脱毛を試してみましょう。
今はワキ脱毛が数百円でできてしまう時代です。ワキ脱毛はキャンペーンをやっているサロンがとても多いのでやらない手はないのではないでしょうか。


ミュゼプラチナムの今月のキャンペーンをチェックする
http://musee-pla.com/

  
せっかくきれいになろうとしたのに、すべてを台無しにしてしまう埋没毛。作らせないための工夫と、できてしまった後のケアがとても大切です。脱毛をするときは、ただ毛を失くすことだけではなく、肌の状態にも気を配るようにしましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ワキ脱毛

Comments are closed.