> >

ワキ毛の自己処理、繰り返すたびに黒ずみが…。その原因と4つの解消法



ミュゼプラチナム
ワキの下は、脱毛によって黒ずみやすい場所です。なぜなら、毛が太くて処理をするたびに肌に大きな負担がかかるからです。肌は「攻撃を受けている」と感じると、メラニンをたくさん作りだして対抗しようとするので、無理な自己処理を続けているとどんどん色素沈着が進んでしまいます。

 

主なワキの黒ずみの原因

カミソリは肌の角質を削ってしまいます

ワキのムダ毛の処理方法で、世の中の女性がもっとも多く使用しているのはカミソリ。カミソリは手軽だしコストもかからないのでこの方法を選んでいる人が多いんですね。
ただカミソリによる処理にはデメリットがあります。

カミソリを使うときに処理しているのは“毛”だけではありません。
カミソリでシェービングをする時は刃の滑りをよくするためにクリームを使ったり、ボディソープや石鹸の泡を使っていると思います。このせいで剃った後刃に付着しているものに気づきにくいと思います。

試しに水で手の甲を湿らせて、うぶ毛を剃ってみてください。
カミソリの刃に普段は見えない付着物がつくのに気づくと思います。
剃った後の毛と一緒に白っぽいものがでます。
これが削ってしまった角質です。

角質とは肌表面を覆っている皮膚の一部。
古くなって自然に剥がれ落ちるものは“あか”になります。
角質は意外と簡単に剥がれてしまうもので、セロハンテープをちょっとでも触ると剥がれます(粘着面が白っぽくなりますね)。
日常的な動作の範囲で剥がれるものに関しては問題はないのですが、カミソリを使って削っているとなるとやや問題です。
セロテープでも剥がれるものを硬い鋭利な刃物で削いでいるのですから。しかも、日常的に。

さらに言うとワキの皮膚は手の甲より柔らかく、繊細で角質にも厚みがないところです。
カミソリによるシェービングを長年繰り返すことがワキの皮膚に負担をかけてしまうというのは簡単に想像ができると思います。

長年のカミソリでの自己処理が黒ずみの原因になっていることが多いです。

 

毛抜きなら大丈夫?

カミソリの次にくるポピュラーな処理方法は毛抜きとのこと。
こちらはカミソリのように角質を削ってしまうことはありませんが“埋没毛”をまねくリスクがあります。埋没毛とは毛を抜いた後に同じ場所から生えてくる毛が皮膚の中で埋まってしまうことです。埋没毛になると皮膚にぶつぶつとした凹凸ができ、毛が黒い斑点のようになってしまいます。やはり毛抜きも黒ずみの原因の1つです。

 

では、なるべく黒ずみを軽減するにはどのようにすれば良いのでしょうか?

黒ずみを軽減するにはどのようにすれば良い?

1. 保湿で肌を安心させる

メラニンを作らないためには、極力肌に刺激を与えないことが大切です。脱毛をした後は保冷剤などでしっかりと火照りを静め、ローションやクリームを塗って肌を保護してあげましょう。
「大切にされている」と感じれば、メラニンが過剰に作られることはありません。

 

2. 豆乳ローションを使う

飲んでよし、食べてよしの大豆ですが、実はムダ毛処理にも使えます。なぜなら、豆乳には女性ホルモンと似た働きをする「イソフラボン」が含まれているからです。女性ホルモンはふっくらとした丸い体をつくる他、ムダ毛を抑制する力を持っていて、使い続けるうちにだんだんとムダ毛が薄くなっていくのです。
さらに、毛穴を引き締めて汚れが詰まることを防いだり、ターンオーバーを促したりすることで肌の黒ずみを防ぎます。

豆乳ローションは効果が表れるまでに時間がかかるので、すぐにきれいにならなくても、あきらめず朝晩塗り続けましょう。

 

3. 皮膚科で相談する

皮膚科では、肌を白くするための「ハイドロキノン」というクリームを処方してくれます。これは別名「皮膚の漂白剤」とも呼ばれるもので、すでに表に出てしまっている黒ずみだけではなく、奥のほうに隠れているメラニンまできれいにしてくれる優れもの。保険適用外なので費用はそれなりにかかりますが、効果を実感できたという声は多いです。

 
夏になると欠かせないワキ毛の処理ですが、毛がなくなっても黒ずんでしまっていては堂々と見せられません。抜いたり、剃ったりの自己処理はトラブルの元なので、できるだけサロンやクリニックで処理してもらうようにしましょう。自宅でのお手入れには、専用の化粧品を使うことをおすすめします。

 

4. サロンやクリニックで脱毛する

自宅での処理は、どうしても肌への負担が大きくなりがち。サロンでプロならではの技術を使った施術を受ければ、ムダ毛と黒ずみ両方の悩みが一気に解決します。

近頃では低料金のサロンも増えてきたので、ずいぶん通いやすくなりました。また、お店ごとに独自の機械や化粧品を導入しており、より自分に合った施術を選ぶことができるところも魅力です。

クリニックでのレーザー脱毛は、1度処理した部分はもう生えてこなくなるので、それだけ脇を触る回数が減って黒ずみ防止に効果が期待できます。

 

キャンペーンで安く脱毛できる!

最近のワキ脱毛のいいところは、今は多くのサロンでとても安くできるところです。
例えばミュゼプラチナムなど何年間何度通っても数百円という、驚きの価格で提供しているサロンも少なくありません。(※キャンペーンの月によって異なります)

お金がなくてもとにかく気軽に始められるのでおすすめです。
脱毛のネックは「金額」が一番だと思いますが、今やワキ脱毛は本当に安くできるようになっています。
自分で処理するよりよっぽどキレイになれて、しかも今後は処理しなくてもいいワキになれるなんて、始めて損はなさそうですね。
 

ミュゼプラチナムの今月のキャンペーンをチェックする
http://musee-pla.com/
脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.