> >

ワキ毛の処理後は必ず保湿を!意外と知られていない”ワキ毛の役割”




 ワキ毛が生え始めたのは、中学生の頃。それまでは、脇の下は、ツルツルで綺麗だったので、正直なところショックでした。そして、どうせ生えてきても、剃ってしまうから、生えてこなければいいのにといつも思っていました。
 私たちの身体は、まつ毛は、目に埃などが入らないようにするなど、それぞれ役割がある様に感じます。わき毛だって、そうでしょう。何か役割があって生えてきているのに、それを剃ってしまったらいけないのではないかという思いが、いつも心のどこかにありました。

 

ワキ毛にも役割がある

 調べてみると、ワキ毛の役割は、主に2つある様です。1つは、なんと異性を呼ぶため。ワキには、アポクリン腺という腺があるそうですが、そこから異性を惹きつける匂いを発するそうです。確かに、女性のワキ毛が生えてくるのは、初潮が始まる頃。ワキ毛には、生殖の目的があるんです。そして、もう1つは、ワキに毛があることで、皮膚と皮膚の摩擦を和らげ、皮膚を保護することです。

 今では、女性は、ワキの匂いで男性を惹きつけるために必要とはしていませんが、ワキの毛が、異性を惹きつけるためのものと思うと、ワキの毛が生えてきても、「え~何で、剃っても剃っても生えてくるの。」という気持ちがなくなるのではないでしょうか?脇の毛が生えてきたら、「私の身体は、正常だ。男性を惹きつけるために、頑張ってくれているんだ。」と思えたらいいですね。

 

ワキ毛を剃ったら肌の保護を

 そして、ワキ毛のもう1つの役割を考えると、ワキ毛を剃る時には、ワキ毛に代わって、脇の下の皮膚の保護をする必要があると言えます。脇の下の肌は、足や腕の肌と比べると、より薄いそうです。そして、薄いぶん、よりデリケートなんです。特に、夏にはたくさん汗をかきます。脇の下が、かゆくなったり、べたべたしたことはないでしょうか?肌を保護するワキ毛を剃るなとは言いません。ただ、剃った時に、剃りっぱなしではなく、剃った後のケアを忘れないようにしましょう。

 

剃った後のワキのケアは保湿を中心に

 ムダ毛をカミソリや脱毛クリームで処理した後は、肌の表面が削られ、肌は、外部からの刺激に弱くなっているそうです。毛を処理した後は、表面が削られ弱くなっている肌が、もとの状態に戻りやすくする必要があります。肌をもとの状態に戻りやすくするのには、保湿が一番と言われています。保湿には、顔や身体に使っている保湿クリームがいいでしょう。顔や身体の乾燥しやすい部分の保湿はしっかりしていても、脇の下はしていなかった方もいるのではないでしょうか。ワキ毛の本来の役割を考えて、ワキ毛を剃る代わりに、保湿クリームで、脇の下の皮膚を保護してあげましょう。また、保湿クリームを使うと、ムダ毛を処理した脇の下は、保湿クリームを使わないよりも、潤いのある綺麗な状態になりますよ。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ワキ脱毛

Comments are closed.