> >

脱毛するとワキガになるってホント!?ワキ脱毛とニオイの関係




サロン脱毛で施術を受ける部位の中でも、ワキ脱毛は初めてでも一番、施術の受けやすい部位になっていますよね。

ほとんどの人が経験したことのある部位ですし、各サロンのキャンペーンなどで安く施術を受けることができるのが、施術を受けやすいという理由の1つです。

しかしネットなどでサロンのレビューを調べていた際に「ワキ脱毛をするとワキガになる」という書き込みを見つけました。

その書き込みが本当かどうかは怪しいところですが、気になったのでワキ脱毛とワキガの繋がりについて調べてみました。

 

ワキ脱毛は、むしろワキガを緩和!?

そもそもワキガとは、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺と皮脂腺という分泌腺から排泄される分泌液や、皮膚の細菌などが絡んで生じる独特のニオイです。先天的な体質であって病気というわけではありません。

ワキ脱毛をすると毛がなくなる分、ワキを清潔に保つことが出来、ニオイも軽減したというコメントもたくさんあります。しかし、ワキガの原因が体質にあるため、根本的な改善にはなりません。

 

ワキ脱毛でニオイが生じる理由

ワキ脱毛をした際にニオイが生じるようになったというレビューもやはり少なくはありません。

その理由としては、ワキ脱毛によって毛がなくなった毛穴に皮脂や垢が溜まり酸化することによってニオイが発生することがあるからです。

また光脱毛のフラッシュの影響で汗腺が刺激され、汗をかきやすくなったという人もいるようです。ある意味でワキ毛が汗の吸収剤として働いてくれていたのでは?と思う人もいます。

 

脱毛で増えるワキ汗はほとんどが一時的なもの

ワキの脱毛によりワキ汗が増えたと感じる人は、それは気のせいではありませんが、脱毛のフラッシュによる汗腺への刺激の影響が一時的に表れているだけであることが多いです。

施術を重ね、脱毛を受けるペースも減ってくると自然に汗の量も少なくなってくるそうなのであまり心配は要らないでしょう。

 

ワキ汗が増えた気がするだけの人も

本来汗の受け皿として機能していたワキ毛がなくなったことでそのまますーっと汗が流れてしまっていることから、実際には増えていないのに、ワキ汗が増えたと感じてしまう人もいます。

ワキ毛があるときは、肌の毛穴が盛りあがってデコボコしていた上に、ワキ毛に汗が付着して肌にふれることなく蒸発していたのですが、それがなくなってしまったことで汗がしずくのようになって流れ出るようになってしまうのです。

 

自ら汗を増やしてしまっている可能性も

しかし人によっては
「脱毛前よりも明らかに汗の量が増えた!」
「汗のにおいが強くなった!」
という声も聞きます。

これらの原因の多くは、脱毛自体というより、意外と精神的な理由が占めるようです。

脱毛をしたことでワキに意識が向き、ワキ汗を神経質なまでに警戒してしまいます。

少しでも暑さを感じたら、
「また汗が出てしまう……。」
という恐怖と緊張感がこみあげてしまいます。

そうすると、よけいに汗をかいてしまうとかにおいの強い汗が出てきてしまうなどの皮肉な結果に陥ってしまうということなのです。

 

汗が増えることでニオイが発生する可能性も

ワキ脱毛が直接、ワキガの原因になるかというとそういうわけではありませんが、ワキ脱毛によって汗の量が増える可能性がある、ということは事実です。

一時的でも汗の量が増えることによってワキの清潔が保ちにくくなることも、ニオイに繋がる一つの原因になり得ます。

このようにワキ脱毛はワキガのようなニオイの原因にはなり得ますが、根本的な改善にはならないので、もしニオイが気になっている人がいれば、専門家で見てもらうことをおすすめします。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ワキ脱毛

Comments are closed.