> >

腋毛処理どうしてる?カミソリ・電気シェーバーのメリット・デメリット




ワキ毛は、一番気になるムダ毛ですよね。
永久脱毛をすれば楽かもしれませんが、実際脱毛に通うには結構なお金がかかります。
また、永久脱毛を手に入れるには、長期間施術に通う必要が有るため、いっときは自己処理を続けなくてはなりません。

 

最も手軽なワキ毛処理の方法「剃る」

今回は、ワキ毛の自己処理の中でも、全体の約6割の人が行っているという「ワキ毛を剃る」自己処理のメリットとデメリットについてまとめてみました。

何よりも、「剃る」という行為はお手軽ですよね。器具さえ持っていれば、どこでも処理できるというのは魅力的です。ただ、あくまで表面のムダ毛を刈り取っているだけなので、ムダ毛の量が多い人/伸びるスピードが早い人はしょっちゅう手入れをする必要があります。朝処理しても、夜には伸びてしまう……ということが多いからです。

 

カミソリで剃る

メリット

だれでも簡単にできるこの方法は、クリームや泡立てた石鹸を塗った肌にカミソリを当ててすべらせるだけなので、時間もかからず、痛みもありません。
カミソリさえ買えばいいので、定期的な買い替えを加味してもコスト面でも一番オトクな方法といえます。

 

デメリット

しかし、肌へのダメージが大きいのが一番の問題です。毛だけを剃っているつもりでも、剃刀の刃で肌まで傷つけていることがほとんどだからです。また、断面が鋭角になるので、チクチクするだけでなく、根本の太い部分を刈るので、断面積も大きくなり、毛がどんどん目立つようになります。

 

注意点

肌への負担が大きいので、乾いた肌の上で行ってはいけません。
ムダ毛の処理をする際は、できるだけ肌を温めて毛穴を広げておくようにします。
蒸しタオルをあてたり、お風呂上りにするのもいいでしょう。
ただしお風呂場は雑菌が多いので、特に浴槽の中で剃るのはNGです。
清潔な状態を心がけましょう。
より深剃りしようと毛に逆らってカミソリを動かすのも肌を傷つけるのでNGです。

 

電気シェーバー

メリット

太い毛や、ワキ毛の生えている範囲が広い人が気軽に処理するのに便利です。
カミソリよりは肌負担が少なく、電気シェーバーさえアレばどこでも処理できるのは魅力です。

 

デメリット

カミソリよりも器具代がかかります。
肌負担は少ないとはいえ、長期間使用を続けると黒ずみなどの原因にもなります。
安全ガードなどにより、深剃りができないため、ジョリジョリとした感じになり、すぐ伸びてしまいます。

 

注意点

シェーバーのCMなどでよく見るような、例えば脚を下から上に向かって剃るなど、毛流れに逆らったシェービングは誤りです。毛の流れに沿ってシェービングします。

ワキは様々な方向に毛が生えているので難しいのですが、腕からワキにかけては上から下に、くぼんだ部分は中心から外に向かって剃るようにします。
できるだけワキが平な状態になるように腕を固定するのがコツです。

少しでもキレイにしようと、シェーバーを強く押し付けながら剃るのは絶対にNGです。肌負担が大きくなってしまうので、キレイになるどころか色素沈着になってしまう可能性が高まります。
ジェルなどを使うと、負担を減らしながら剃ることができます。

 

カミソリよりも電気シェーバーのほうがおすすめです!

シェービングするなら電気シェーバーを使う方が肌に優しいのでおすすめです。
脱毛サロンで自己処理の方法を教えてもらう場合も、電気シェーバーを勧められることが多いはずです。

カミソリを使う場合は、切れ味のいいもの、清潔なものを使うようにしてください。
自分自身でのムダ毛処理は、衛生と保湿に注意することが重要です。

 

毛抜きはやめておいた方が無難

毛抜きで抜くわき毛の自己処理はやめておきましょう。
毛抜きで抜くとカミソリと違いポツポツと残らないので見た目はきれいですよね。
毛抜きを使って毛を抜くと、毛穴が開いた状態のままになってしまいます。
そしてそこから細菌が入ってしまう危険性があるのです。

 
さらに、毛抜きでの処理を続けると、開きっぱなしの毛穴を無理矢理閉じようとしてしまい、毛が毛穴から出られない状態になってしまいます。
皮膚の下で毛が伸び、とぐろを巻いたりまっすぐ伸びた状態なのが皮膚の上からでも透けて黒く見えてしまいます。
これが埋没毛です。
埋没毛は見た目が黒くポツポツしてきれいではありませんし、カミソリや毛抜きでも抜けません。
中には毛抜きや針で無理矢理毛穴を開かせて毛を抜く方もいますが、肌にかなりのダメージを与えてしまう事になります。
 
 
結局、わき毛の自己処理をしても、また生えてきますし、どんなに気を付けてもお肌を傷つける危険性があります。やはり、根本的に解決するには脱毛サロンに行くことですね。今はキャンペーンなどを利用すれば数百円で回数無制限のワキ脱毛をすることができるので宜しければ検討してくてくださいね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ワキ脱毛

Comments are closed.