> >

埋没毛をどうしても抜きたいときは?埋没毛の正しい抜き方・処理方法



脱毛
脇に埋没毛ができてしまったけど、どうやって抜いたら安全なのだろうと疑問に思う人も多いはずです。

特に夏のシーズンは、埋没毛を気にして下手な処理をして脇に跡ができてしまったり、傷ができてしまうとノースリーブやキャミソールなどの定番アイテムを着たくても気になってしまって着れなくなったり、最悪は傷口が化膿して脇がじくじくしてしまうと、少し腕を動かした時などのちょっとした肌と服の摩擦でも痛かったりして不快に感じてしまうのも嫌ですよね。

でも脇の埋没毛はやはり気になるのでほっとくのも嫌だという声はよく耳にします。しかしどうしたら肌にダメージを与えずに埋没毛の処理ができるのでしょうか?

 

まずは埋没毛を防止するケアを

まず試す価値があるのは、そもそも埋没毛が出ないような日頃からのケアです。
とは言っても決して難しいものではありません。
日頃から角質ケア化粧水や、スクラブなどで不要な脇の角質を取り、柔らかくする習慣をつけるといいでしょう。

体や顔のケアはする女性は多いですが、脇まで保湿しているという人は少ないようです。
脇は特に一日中汗が出る部位ですので、顔くらい念入り深くケアをするのがベストと言えます。

ただし、角質を取るのも力加減が大切です。顔のケアと一緒で、あまりにも強い力でやってしまうと、逆に必要な角質を取ってしまい肌も乾燥してヒリヒリしてしまうので、力を加えずに優しく角質ケアをするように気を付けましょう。一日に一回か、二回シャワーに入る人は二回でも大丈夫です。

そうする事によって、汚れや死んだ細胞や過剰な皮脂が薄くなり、自然と埋没毛も皮膚の外に出ますし、無理やり掘り出さなくてもいいので、傷や跡が出来たり、化膿していまうリスクを減らせます。もちろん必ずお風呂場から出たらすぐ保湿をして下さい。

 

埋没毛を抜く手順

これでも埋没毛が出てこない、どうしても抜きたい!という場合は脇の皮膚を破って毛を無理にとるのではなく、まずは毛抜きを消毒します。
やり方は簡単です。アルコールで消毒するか、もしくは沸騰したお湯の中に毛抜きを入れて熱消毒します。針で代用する事もできます。

その後に温めたタオルを10分ほど脇に当てます。
タオルが冷めたら、また温めて使います。
皮膚を伸ばすように腕を上げて、逆の手で埋没毛のある部分の皮膚をしっかりつまみ、毛の根本を、毛抜きか針で取りましょう。

その後はアルコールなどで消毒をするか、もしくは天然の殺菌剤であるアロエやティーツリーを患部に塗って殺菌を忘れないようにしましょう。

 
※埋没毛のケアは自己責任でお願いします。

その他、埋没毛の原因や予防方法については以下のページで詳しく解説されています。
>>埋没毛対策【完全版】埋没毛の原因・予防・改善・ケア方法
他サイトですがおすすめですよ。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ワキ脱毛

Comments are closed.