> >

カミソリでのワキのムダ毛処理7つのポイント~カミソリの正しい使い方



カミソリ
脇を剃るのは歯を磨くのと同じくらい毎日の生活に溶け込んでいますよね。
しかし脇を剃ると言うこのシンプルな動作にも正しいやり方と、間違ったやり方が存在します。

脚などとは違い、脇は反った形をしているので、他の部分を剃るより少しテクニックがいりますよね。その上、人によっては脇毛は色んな方向に生えていたりします。そうなってくると剃るのも一苦労です。ではどのような剃り方だと良いのでしょうか?

 

1.脇も顔と同じように扱う

顔は剥がすパックや、ピーリングなど色々試す人も多いです。つまり古い角質が溜まっていると皮膚がキレイになっていかない事を大体の人は知っています。けれど脇は何もしないという人が多いのは事実です。日頃からスクラブか、柔らかめの赤擦りで軽く角質を落とす習慣を付けましょう。あまり強く擦ると肌荒れしてしまうのであくまでマイルドに角質オフしましょう。

 

2.夜に剃る

できるだけ脇毛を剃るのは夜にしましょう。剃ることは肌を刺激に敏感な状態に晒してしまいます。夜剃った後は、ローションなどで保湿した後は、睡眠時間を脇のお肌の回復に当てましょう。特に夏の期間、海に行く場合は、朝に剃ると海水で脇がしみますし、脇の皮膚が敏感な状態で日焼けしてしまうと、脇が乾燥してしまい、脇の皮膚にしみができやすくなったり、ぼこぼこになりやすくなってしまいます。

 

3.作業中の肌の潤いを保つ

脇を剃る場合は作業中はずっと脇に水分がある状態でないといけません。
ローションや石鹸やボディウォッシュは剃る作業が終わるまでくっついているようにはできてはいません。シェービングジェルを脇に塗ってから剃る事で、毛も肌もうるおい、更に剃る時にかかるカミソリと皮膚との摩擦を緩和する働きもあります。

 

4.シャワー時なら出る直前のタイミングで

温かいシャワーの水滴や湯気は毛穴を開き、毛を柔らかくするので、剃る時は十分に肌が温まったシャワーから出る直前が適しています。

 

5.カミソリは負担のかからないタイプのものを

カミソリは複数の刃がついていて、回転するタイプが望ましい。
より脇の形状にフィットし、肌にかかる負担も軽減します。

 

6.毛の方向がまちまちならブロック分けして

特に脇は一定の方向に揃って毛が生えているわけではありません。同じ方向に生えている部分をできるだけブロック分けし、その部分だけ軽くつまんだ状態で剃るとベターです。

 

7.カミソリは常に新鮮なものを!

ついうっかり新しいのを買い忘れたり、もったいないと言って古いカミソリを使っていませんか?埋没毛の原因にもなる上、余計な力を加えて肌を傷つける場合もあれば、雑菌が入る原因にもなりかねません。カミソリは常に新鮮なものを使用しましょう。

 

本音はオススメできないカミソリや毛抜きでの処理

ワキ毛を自己処理されている方も多いでしょう。しかしワキは他の部位に比べ、強く、濃い毛が生えています。ワキ毛を剃刀で処理すると、肌を傷つけます。その肌を守ろうと、更にワキ毛は濃く、太くなります。自己処理はこのように毛を太くしているだけです。
毛抜きでの脱毛も埋没毛や、黒ずみの原因にもなるので、お勧めできません。

ワキ毛はやはり、脱毛サロンで奇麗に脱毛することをお勧めします。今では何十という脱毛サロンがあり、殆どの脱毛サロンでキャンペーンを実施しています。キャンペーンを利用すると、ワキのみであれば、ワンコインでの脱毛も可能です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ワキ脱毛

Comments are closed.