> >

人には聞けないVIOライン脱毛のいろいろ。みんなどうやって自己処理してるの?



VIO脱毛

 

お肌を露出する機会が多くなる季節には、どうしてもムダ毛が気になるもの。
脇や腕、脚などは目立ちやすい場所であるため、お手入れに余念がない方も多いことでしょう。
ですが、普段人目に触れないからこそ、きちんとお手入れをしておきたい場所があるんです。
それはVIOライン、いわゆるデリケートゾーンを指します。

 

 

Vライン脱毛

これはビキニラインの脱毛のこと。基準としては、ビキニを着用した際にはみ出すアンダーヘア部分の脱毛になります。体毛の濃さには個人差がありますが、人によってはおへその下部分までの広範囲な脱毛を必要とする場合もあります。

 

 

Iライン脱毛

Iラインとは、局部の両サイドのアンダーヘアを指し、この部分の脱毛処理を行うことで、下着や生理ナプキンなどのムレによる臭いを抑える効果が得られます。
また、通気性の良くない材質の下着を着用しているときなどは汗による臭いがどうしても気になるもの。普段あまり気にかけない部分であるからこそ、エチケットのためにきちんと処理をしておきたいものです。

 

 

Oライン脱毛

肛門の周囲をOラインと呼びます。
Iラインもそうですが、自分ではまず見ることのない場所なだけに、お手入れを忘れてしまいがち一般的に女性はOラインのアンダーヘアが薄いといわれていますが、この部分も非常にムレやすく、臭いが出てしまいやすい場所です。
さて、その「VIO」ですが、自己処理は可能なのでしょうか?

 

 

VIOは自己処理できる?

結論からお話ししますと、できなくはありません。
ですが、問題は処理方法です。

 

たとえば、「Vライン脱毛」の場合では、自分の目で確認しながらの処理が可能です。それだけに、カミソリやシェーバーなど手軽な手段に走りがちですが、これはあまりおススメすることができません。
というのは、カミソリやシェーバーはお肌に与える刺激が強いからなんです。
1回や2回の処理では、お肌が受けるダメージはそれほど大きくはありませんが、習慣的にカミソリやシェーバーを使用し続けることにより、その部分に黒ずみが生じてしまうことがあるんです。

たとえ普段人目に触れることのない場所であっても、お肌が黒ずんでしまうなんてイヤですよね?

また、IラインやOラインの部分は非常に皮膚が薄く、自己処理により万が一傷付けてしまったら細菌感染など、別のトラブルが発生しないとも限りません。

だったら脱毛クリームは?という声も挙がりそうですが、これもダメです。

 

 

強いアルカリはアレルギー反応を起こしやすい

私たちの頭髪や体毛の主成分はタンパク質です。
それに対し脱毛クリームの主成分は「アルカリ成分」です。
つまり、強い「アルカリ成分」でタンパク質が溶かされることにより、脱毛や除毛が行えるという仕組みなんですね。
また、強い「アルカリ成分」はアレルギー反応を引き起こしやすいことでも知られています。

 

 

家庭用脱毛器ならVIOセルフ脱毛が可能

「VIO脱毛」をセルフで行う場合に最も適しているのは、「家庭用光脱毛器」です。
ですが、この美容器具は少々お値段が高額なのが難点ではありますが。

ということは?
デリケートゾーンの脱毛は、プロに任せることが無難であるという結論に落ち着きます。
安全に「VIO脱毛」を行うのであれば、医療機関である美容外科が最もおススメ。

美容外科での脱毛の料金設定はまちまちですが、驚くほど高額な価格設定にはなっていません。

ご興味のある方は、直接美容外科に問い合わせ、施術方法や施術料金について、詳しい説明を受けてみて下さいね。

以下の姉妹サイトでVIO脱毛をした方50人のアンケート結果を公表しています。
VIO脱毛【口コミ・体験談】50名に聞いたアンケート結果
アンダーヘアを脱毛した方は、光脱毛なのか?医療レーザーなのか?ブラジリアンワックスなのか?みなさんどのような脱毛方法を選択しているのか?興味ある方はご覧ください。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.