> >

Vライン脱毛でどれくらい小さくしたいですか?ちょっとだけ?それとも無毛?



Vライン脱毛

 

これからVラインの脱毛をしようと考えている方、Iライン、Oラインの脱毛のことも調べてみましたか?
Vラインを脱毛するなら、Iライン・Oラインも一緒に処理した方が満足のいく結果になりますよ。

 

 

Vラインはどこまで処理する?

今ほどVIOラインの脱毛が主流になっていなかった頃、Vラインを「ショーツからはみ出ている部分」と定義している脱毛サロンが多くありました。
この頃は、Iライン、Oライン脱毛を行っているサロン自体が少なかったので、ハイジニーナ脱毛という概念がまだ日本に無かったのです。
そのため、アンダーヘアの脱毛=Vライン脱毛だったのです。

 

 

ショーツからはみ出るムダ毛だけを処理したい場合

下着や水着を着たときにはみ出る部分だけを処理したいなら、Vライン脱毛だけでも良いかもしれませんが、Vラインは体の正面から見える部分になるので、背面や内もものあたりは対象外になってしまいます。

 
アンダーヘアの範囲が広く、太ももと繋がっているような状態なら、太もも脱毛も一緒にやらないと違和感が生まれてしまいます。
ショーツからはみ出る部分全体をすっきりさせるだけの場合でも、正面からだけではなくいろいろな角度からチェックする必要があります。

 

 

アンダーヘアの範囲を小さくしたい場合

基本的に、脱毛サロンでは剃ってある部分にフラッシュを照射するシステムになっていますので、形は自分で作ることになります。
四角、丸、三角など、なりたい形に自分で剃っておく必要があります。
ミュゼなどでは、アンダーヘアの型紙をもらうことができますので、型紙を当てながら形作っていきましょう。

 

 

無毛にしたい場合

無毛が最も難しい脱毛です。
脱毛サロンのフラッシュは粘膜に当てることができないので粘膜部分にあるムダ毛は脱毛サロンで処理することができません。
無毛にする方法としては、
・家庭用脱毛器を使う
・ブラジリアンワックスサロンに行く
などがあります。

 
ただし、家庭用脱毛器も粘膜に当てる使い方は推奨されていないので、自己責任で行うことになります。
ブラジリアンワックスサロンも、お店によっては粘膜への処理を断られることがあります。
そして、ワックス脱毛は毛根を処理する脱毛ではないので、数週間後にはまた生えてきてしまいます。定期的に通わないといけないことも覚えておいた上で検討して下さい。

 

 

VIO脱毛は脱毛サロンでするべき?

半永久的な脱毛方法として最も手軽な脱毛サロンですが、不要な部位を本当に1本も残さず処理したいならクリニック脱毛の方が確実性が高いです。
しかし、クリニック脱毛には価格がまだまだお高いという最大のデメリットがあります。

 
アンダーヘアのようなしっかりしたムダ毛はフラッシュでも十分脱毛することができますので、最初は脱毛サロンで処理して、どうしても気になるムダ毛があったらレーザーやニードルでそのムダ毛だけを処理するという方法で満足できるかと思います。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.