> >

もしかして照射漏れ!?Vライン脱毛後にムダ毛が残ってしまったとき




 
Vラインの脱毛を脱毛サロンで行うと、施術してから1~2週間で自然とスルスルと抜けていきます。
健康な毛の毛根にダメージを与えて、抜け落ちる状態にする方法だからです。
しかし、たまに脱毛しても抜けないという毛も出てきます。
特にVラインの毛は濃くて太いので、目立って気になる人も多いでしょう。
それは照射漏れで、しっかりと全部の部分に光があたっていなかったということも考えられますが、ほとんどの場合は毛の生えてくる周期の問題です。

 

1度の照射ではサイクルの違いにより残る毛もある

毛には成長する時期、減退する時期、生えてくるのを待っている時期があります。
Vラインの毛でもそれぞれ1本ずつそのサイクルは違ってきます。
脱毛サロンでの光脱毛は成長期の毛に対してダメージを与えるので、減退中や待機中の毛には作用しません。
部位や個人差もありますが、一度に脱毛してダメージを与えることができる毛は2割程度だとも言われています。
施術後すぐに成長期に入った毛があったとしても、不思議なことではないのです。
そのような毛は、施術後1~2週間経っても施術時は待機状態だったために、ダメージを受けていなくて、自然と抜けることがなく生え続けているという訳です。

しかし、そのような状態であっても心配はいりません。
それを何度も繰り返していくうちに、すべての毛にダメージを与えて、どんどん生えてこない状態になっていくからです。
なので最初は全部の毛が自然とスルスル抜ける訳ではないので、驚くかもしれませんが焦る必要はありません。
また次回の脱毛時にはその抜けなかった毛にダメージを与えることができるので、じっくりと時間をかけて効果を待ちましょう。

 

脱毛が完了するまでには回数を重ねる必要がある

ただ、気をつけなくてはいけないのはごくまれに照射ミスという場合もあるということです。
これは良心的な脱毛サロンならば無料で施術をしてくれるばずです。
良心的な脱毛サロンかどうかは、そのようにアフターフォローもきちんと行ってくれるところかも重要ポイントになってきます。
こちらも、申し込みの前に確認しておくといいでしょう。

いずれにしても、Vラインの脱毛は時間がかかるものです。
1回や2回通っただけで完了するものではありません。
回数を重ね、徐々に毛が生えてこない状態になっていくので、完了するまでに1年や2年かかります。
焦らず、じっくりと脱毛していきましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.