> >

妊婦さんは脱毛可能?妊娠中・授乳中のVライン脱毛と赤ちゃんへの影響



妊娠中の脱毛
 
妊娠中の方や授乳中の方は、赤ちゃんのことで頭がいっぱいで、なかなか自分のムダ毛の処理まで手が回らないですよね。
でもムダ毛はどんどん生えてきて、何とか処理したいと考えている人もたくさんいます。
そんなときに頭に浮かぶのが脱毛サロンです。
プロに脱毛してもらえば、安心ですし、自分で処理する煩わしさからも開放されます。

 

妊娠中・授乳中のVライン脱毛は可能?

しかし、妊娠中・授乳中のVライン脱毛は受け付けてないサロンがほとんどです。
Vラインの脱毛は、子宮の上の皮膚での脱毛になるので、脱毛に使われる光が赤ちゃんに影響するのかと不安になる人もいますが、そうではありません。
脱毛サロンで使用されている光脱毛は皮膚の浅い部分で処理されているので、妊娠中でもその光がお腹の赤ちゃんに直接悪影響を与えるということはありません。
ではなぜサロンでは脱毛してもらえないのかというと、ホルモンバランスの問題になってきます。

 

妊娠中や授乳期はホルモンのバランスが変化する

毛が生える状態にはホルモンのバランスが大きく関わってきていて、妊娠中や授乳中の女性はホルモンのバランスが崩れやすい状態になっています。
ホルモンのバランスが崩れ、妊娠中・授乳中は体毛が濃くなる人もたくさんいます。
また、通常の状態の毛の生える周期とは異なってきて、脱毛の効果が実感できないということになってきます。
せっかくお金を払って脱毛をしてもらっていても、効果が実感できないと、通っている意味がなくなってしまいますよね。
なので脱毛サロンでは妊娠中・授乳中の女性の脱毛を断っているところが多いようです。

 

Vライン脱毛はホルモンの状態が安定してから

一般的に脱毛を再開できるのは、生理が再開してからというところが多くなります。
ホルモンバランスが乱れると、肌の状態にも影響があるので、施術できないこともあります。
生理が再開し、妊娠前の体の状態になれば、毛の生える周期も整い、効果が実感出来る状態になります。
デリケートなVラインの脱毛は特に、肌の状態もしっかりと整ってから脱毛するようにしたほうがいいでしょう。

ただ、脇や足などの脱毛は妊娠中・授乳中でも脱毛する方もたくさんいらっしゃいます。
サロンの方針などもあるので、妊娠中・授乳中でも脱毛したいと考えている方は一度、サロンに相談するといいでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.