> >

本当に自己処理で大丈夫?ビキニラインをサロンで脱毛するメリットとは




まずはVIOという部位についてですがVラインはビキニライン、Iラインはビキニライン奥の性器周りの部位、Oラインはお尻の穴の周りの部位になります。Vラインは水着を着る際など自己処理をしたことがある方も多いと思います。

またIラインも気になる方は自己処理をしているかもしれませんし、一切ムダ毛の処理はしていないという方と分かれる部分でしょう。Oラインに関してはなかなか自分で処理するのは難しい部位です。VIOの脱毛を行っている女性を欧米ではハイジニーナと呼ぶため、ハイジニーナ脱毛とも言われています。

Vラインを処理することは、まさに名前のごとくビキニなど幅の狭い水着を着た時に役立ちます。
また、温泉など裸を他人に見られる可能性のある場所でも、自信を持てることにつながります。

しかし、場所がデリケートな部分であるだけに、処理をするには注意をしなければならない点もいくつかあります。

もっとも無難なのはやはり、エステサロンなどプロの手に任せることです。まずはプロの手で脱毛をすることと、自己処理との違いを見て行きましょう。

 

カミソリで剃るたび肌は傷つく!

カミソリを使った自己処理をする方も多いですね。これはVラインだけではなくどの肌にも全般的に言えることですが、カミソリは毛だけを剃るのではなく、同時に肌の表面の角質層にも見えないほどの小さな傷をたくさんつけてしまうのです。特に、Vラインなどデリケートな箇所の皮膚を傷つけてしまうと大変です。一日中、下着で擦れたり、また汗などが付着したままになりやすい箇所でもあります。そうなると、小さな傷であっても痛痒くなったり、炎症を起こして真っ赤になってしまったりといったことにもつながりかねません。敏感肌の方は特に注意が必要で、カミソリでの処理はやめておいたほうが無難と言えます。

 

毛抜きやワックスは毛穴のトラブルを招く

また、脱毛をするといって毛抜きで抜くという方もいらっしゃいますね。他には脱毛ワックスを使うという場合もあるでしょう。こうした処理は、たとえ毛流れに沿って丁寧に行ったとしても、毛が抜けるときに毛穴を傷つけてしまうことがあります。そうしたことで、毛嚢炎や埋没毛などの毛穴トラブルが起きやすくなってしまいます。毛嚢炎は痛みを伴う場合もありますし、埋没毛になると黒いプツプツが目立ち、せっかく処理したのにかえって汚らしい見た目になってしまったと悩むことになります。特に、Vラインの場合は毛が太く濃い方も多いですので、それを無理やり抜いてしまうことは、こうした毛穴トラブルを招きやすい要因となっているのです。

 

サロンでの脱毛なら肌にも毛穴にもやさしい!

では、プロの手に任せることのメリットは何でしょうか。それは、上記のような毛穴トラブルを防ぐためのさまざまな対処がなされている点です。痛みなどが気になるという方は、痛みの少ないことをうたっているサロンを選ぶといいでしょう。特に痛みに弱い箇所だけに、こうしたことを口コミなどでチェックしておくことは大事です。さらに、プロであれば、処理したい範囲や、毛の形の希望なども思い通りです。自然な形はもちろん、なかにはハート形や星形に整えたいという方もいらっしゃいますが、こうした声にしっかり応えてくれるのがプロの脱毛です。まずはお試しコースなど、安価なもので体験してみて、カウンセリングや痛みの程度など、安心して任せられると思えるところを選ぶことが必要です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.