> >

アンダーヘアを脱毛するならVIOすべて脱毛を。長い目で見ると間違いなく結果的に得をする



VIO脱毛

 

Oライン脱毛はサロンによってはヒップ奥と言われることもあるように、肛門周りの脱毛になります。
このOライン脱毛をしようと考えている人は、断然VIO脱毛をしたほうがお得なんです。

 

 

Oラインまで脱毛する必要あるの?

はたしてOライン脱毛のみをする人がいるのかどうかも疑問ですが、多くの人はOラインはVもIもまとめて脱毛しますよね。
VIO脱毛とは、別名ハイジニーナ脱毛とも呼ばれます。
欧米ではこれをワックス脱毛で行うことが多く、海外セレブがやっていたり、映画の中で描かれていたりすることで有名になりました。

 
そもそもOライン脱毛はする必要があるのか?ということなのですが、これは毛の生えてる量に個人差があるので一概には言えません。
確認してみるとわかると思うのですが、Iラインは鏡を使えば見ることができますが、Oラインとなると鏡を使っても見るのが難しい箇所なんですね。
もちろん毛の量が少なければ脱毛する必要はないかもしれませんが、なかなか自分では見ることができない箇所なので実はけっこう生えてるなんてこともありうるのです。
全く見えないという場合も、触ってみるとなんとなく量がわかったりしますよ。

 

 

Iラインまでしか脱毛しなかったら?

もしOライン脱毛をせずに脱毛箇所をIラインまでにとどめてしまうと、Oラインだけが不自然に生えてるなんていう事態が起こるかもしれません。
見えないからわからないとほっておくと、Oラインだけにびっしり毛が残ってしまう可能性があるのです。
Iラインがツルツルなのに、Oラインがびっしりなんてかなり恥ずかしい状態ですよね…。

 
そんなことにならないためにも、デリケートゾーンは一気にやるのがおすすめなんです。
VIOすべてを一気にすることで、いろんなことお得になるんですよ。

 

 

清潔感も増します

デリケートゾーンの脱毛となると、ほかの部位にはない恥ずかしさがあります。
普段人に見せるような場所ではないので、恥ずかしくない人なんていないですよね。
さらにOラインともなると、みじめな気持もでてくるかもしれません。

 
この気持ちはどうやっても消せるものではないので、VIOを一気にやって、恥ずかしさも一気に終わらせたいですよね。
一気にやると開き直ることもできるかもしれません。

 
さらにVIO脱毛をすると清潔さも保てます。
毛があるとムレたりかゆみが出る人も多いようなので、そんな場合にはVIO脱毛がおすすめなんです。
生理の時もより清潔に過ごすことができるので快適ですよ。

 

VIO脱毛を受けるならクリニックとサロンのどちらが良い?

脱毛をするときは医療系のクリニックで行うか、脱毛サロンで行うか悩みますよね。脇や足などの比較的肌が強い部位は医療系のクリニックで行うのもいいのですが、VIOラインの脱毛の場合は脱毛サロンの方が適しています。

 

肌に負担がかかりやすい医療レーザー

医療系のクリニックでは医療機器として認定されている、出力が高いレーザー機器を使用しています。出力が高いので、ほぼ確実に毛根を破壊することが可能なので、納得のいく脱毛をすることができます。

効果が高い代わりに、肌への負担も大きなものになってしまいます。
レーザーを当てた直後は赤く腫れ上がるケースも少なくありません。
軽いやけどをした状態になってしまうので、医療系のアフターケアができるクリニックでのみ行われるという訳です。

 

出力が弱く肌にやさしいエステの光脱毛

それに対して脱毛サロンでは光脱毛が一般的で、その出力は医療系のレーザー脱毛と比べると弱いものになってきます。医療機関ではないので医師の立ち会いも必要なく、資格がなくても施術することが可能です。
その為に、脱毛の効果はレーザー脱毛と比べると弱くはなってしまうのですが、肌へのダメージも軽減されます。

 

Vラインの肌トラブルを避けたいなら脱毛サロンが無難

VIOラインの肌は他と比べるととてもデリケートで弱い部分です。
できるだけしっかりとした効果を期待する気持ちはわかりますが、その為に肌への負担が強いレーザー脱毛をするのは避けた方がいいでしょう。
やけどや色素沈着といったような肌トラブルが起きてしまう可能性があるからです。
できるだけ肌への負担も少なく、痛みも少ない脱毛サロンでじっくりと時間をかけて脱毛するといい部位だと言えるでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.