> >

Vラインってどこ?ムダ毛は自己処理する?それとも脱毛エステに行く?



Vライン
Vラインというのをよく耳にしたことはあるのではないでしょうか。なんとなくVラインの場所は分かるけど、本当にそれであっているか、実は分からないという人もいるかもしれません。

 

「Vライン」ってどこになるの?

Vラインは体を前から見た時に、生えている陰毛の中で、下着やビキニの水着で隠れない部分です。最近は、ワキ脱毛と同じぐらいに安くVラインの脱毛をできる脱毛サロンも増えていて、以前より身近な存在になっていると言えます。

 

Vラインのムダ毛処理にはどんな方法が適してる?

Vラインの処理はあまり水着になる機会がない人はしていないかもしれませんが、実は自己処理をしている人も多いです。ただ、自己処理は肌トラブルも多く、困っている人がいるかもしれません。

Vラインの処理は、毛を短くする、形を整えるとの2つに分かれると思いますが、まずカミソリでの処理は、毛が太くて、肌の表面化にある残った毛がポツポツと目立ってしまったりすることもあり、水着を着るのにはあまりおススメしません。あくまで、カミソリは毛を薄くする、短くするほうかと思います。

毛抜きやワックスは、非常に痛みが大きく、肌を傷める可能性も多く、また毛抜きでは時間もかかり、気の遠くなるような作業が続きます。

除毛クリームは、あまり太い毛には向いていませんし、腕やヒザ下などの脱毛の際も、肌が弱い方は、肌が赤くなってしまったりかゆくなってしまったりすることもありますし、デリケートな部分なので、できるだけ避けていただいたほうがいいように思います。

 

肌への負担が少ないのはクリニックやエステでの脱毛

一番のおススメは脱毛クリニックや脱毛エステで処理をしてもらうことです。これが一番肌への負担が少ないですし、上でお話した脱毛方法全てでアフターケアが必要になってきますが、脱毛クリニックや脱毛エステでの脱毛は、それらのアフターケアをしてくれるということで安心できます。どちらかというと、この2つは肌のトラブルと言うよりは、それらのスタッフにと言いますか、他人にVラインの毛を見せることに抵抗があって、申し込めない人が多いです。

 

Vライン脱毛って恥ずかしい?

実際は、紙パンツのようなものに着替えて、仰向けに寝て、脚を開き、紙パンツを少しずつずらしながら脱毛していくことがほとんどです。スタッフの人もほとんど女性ですし、仕事でやっていることなので、特に恥ずかしく思う必要はないと思いますが、最初の1回まではやはり恥ずかしさが勝ってしまうかもしれません。しかし、きれいな形で整えることができますし、清潔に処理もできるのでVラインはサロンで行ってほしいと思います。

脱毛処理をする際にレーザー脱毛という選択肢もあるのですが高い、痛いという噂が多いですよね。
そこで脱毛サロンでの脱毛処理を検討する人もいると思います。

脱毛サロンではレーザーに比べると痛みも少ないですし、金額も安く出来ます。

 

Vライン脱毛の前にカウンセリング

実際に申し込んでみるとカウンセリングというのを事前に必ず受けます。
これは肌の状態を見たりして脱毛が可能な状態か、そして服用している薬が無いか、疾患などを抱えているかなどを聞いてきます。処理をしても体に異常が出ないかどうかを確認するために必要な話になりますのでしっかりと受けて利用するプランも決めてください。

 

光脱毛の前に事前処理が必要

脱毛サロンでの光脱毛では光を照射します。
この光はレーザーと似たような事で黒いものに反応して熱が行きます。黒いものは今回の話しで言うと毛ですね。毛の黒さに反応して熱が届き、この熱が肌の奥の毛根にまで届きます。そこで毛根の働きを熱で抑えるようにしたり熱の効果で数日後に抜けてきたりするという仕組みです。

なので光脱毛を有効に、そして効果的にしたいのであれば毛は生えていないと意味が無いということになります。

もちろん毛抜きで抜いてしまったり、たまたま休止期で生えていないという毛穴の場合は毛穴まで光の熱が届きませんので効果が出ないという事になるのです。

 

Vラインの毛は抜かない

ですが毛が長く生えたままだと照射した時に、長い分痛みも強くなってしまうというデメリットがあります。痛みも少なく、そして効果的に毛根に熱を届けるというベストな状態が脱毛処理前にシェービングをするという状態だということですね。

ちょっと出ているぐらいでも効果はしっかりありますので事前にシェービングが必要という事になります。

なのでVライン脱毛を検討している方は毛を抜くという行為は絶対にしないで下さい。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.