> >

ビキニラインを脱毛するなら、Iラインも検討して。Vライン脱毛の注意点



ビキニライン脱毛

 

最近では多くの女性が興味を持っているVライン脱毛ですが、いざ脱毛するとしたらどんなことに気を付けなくてはいけないのでしょう?

 

 

脱毛する前に自分で処理しておく

なかなか自身で細かくお手入れしないVラインですが、脱毛する2日ほど前にシェービングしておく必要があります。この場合、カミソリや毛抜きでの処理はNGです。

 
脱毛サロンでは、自身でのムダ毛処理の場合に電気シェーバーを推奨しているので、デリケートなVラインを脱毛するなら特に、電気シェーバーを用意しましょう。

 

 

生理中は施術できない

生理中は肌トラブルが起こりやすく、ガウンやベッドが汚れてしまう可能性があるなど衛生的な都合でVライン脱毛ができないサロンがほとんどです。予約日を決めるときは、生理周期に気を付ける必要があります。
それでもどうしても生理になってしまったときは、予約変更をせざるを得ません。

 
サロンによっては急なキャンセルに対応できなかったり、次の予約がとにかく取りにくいこともありますので、このあたりはサロンの口コミなどを参考にしておくことをおすすめします。

 

 

脱毛後は肌に刺激を与えない、体温を上げすぎない

脱毛をした後は、湯船につからない、ボディソープを使わないなど注意を受けます。また、体温が上がってVライン部分の血行が良くなると汗をかき、かゆみや赤みの原因になります。
肌トラブルを避けるために、脱毛した後の予定や過ごし方には注意しましょう。

 

 

Iラインも一緒に脱毛した方がいい場合もある

Vライン脱毛をした人に多いのが、「やっぱりIラインも脱毛したい」という場合です。各サロンでキャンペーンの格安コースが登場しているため、とりあえずVラインを脱毛する人が増えていますが、実際Vラインを脱毛するとIラインが気になって、Vラインの脱毛が終わったのにまたサロンに通うということになります。

 
逆三角形型など、Vラインの形によってはIラインも脱毛したほうがキレイな場合もあります。それなら最初からIライン脱毛も視野に入れておいたほうが時間のコストがかからないですし、VIOをまとめたキャンペーンコースで脱毛できる可能性もあります。

 
脱毛サロンでカウンセリングや実際の施術を受ける際にいろいろと教えてもらえるので、不安なことはしっかり解決してから脱毛を始めたいですね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.