> >

肌への負担を考えて!Vラインを自己処理に適したカミソリの選び方



VIO脱毛
自宅でVラインのセルフ処理を行う時、一番コストパフォーマンスの良いカミソリを選ぶ人は多いと思います。
では、どんなカミソリを使用していますか?
ドラッグストアなどに行くとたくさん種類があって選ぶのに困るほどです。
そこで購入するポイントをいくつかご紹介します。

 

替え刃があるカミソリを選ぶ?使い切りタイプを選ぶ?

カミソリには、替え刃を取り換えて本体は繰り返し使えるタイプと、お手軽な使いきりタイプと2種類あります。
使い切りタイプは、刃がダメになってしまえばもう使えないので、2本・3本セットとセット売りになっているものが多いです。
替え刃タイプは、最初に本体+替え刃を購入します。続けて使用したい場合は、替え刃だけを購入することができます。

 

カミソリの刃を何枚のものが良い?

カミソリの刃は一枚刃から3枚刃、4枚刃、5枚刃と種類があり、パッケージにも大きく書いてあるのでわかりやすいです。枚数が多くなればなるほど、肌への負担が減り剃りやすくなりますが、逆に値段も高くなります。

 

美容ジェル付きカミソリ

肌を傷めないように美容ジェルが付いたカミソリも販売されています。水につけるとジェル剤が溶けだして肌に浸透する仕組みになっています。しかし、使用する時は石鹸やボディジェルを併用して処理することを忘れないようにして下さい。

 

ボディーソープなしで使用できるカミソリ

石鹸やボディーソープなしで使用できるカミソリが、最近たくさん販売されています。カミソリを使用する際にボディーソープやジェルを使ってすべりをよくすることは必須なのですが、このタイプのカミソリを選べば、その手間がなくなります。

 

Vライン専用のカミソリも

カミソリは、ワキ・足・腕・Vラインなどボディーライン全部を対象としたものが多いですが、中にはVラインだけに限定したカミソリも売っています。
シックのカミソリは、毛の長さを整えるための電動トリマーが付いていてお手入れしやすいようになっています。

 

古い刃、傷んだ刃は使わないのが鉄則!

カミソリにはたくさんの種類がありましたが、全部に共通して言えることは、刃が古くなってしまうと肌を傷つけてしまうことです。
定期的に刃を交換するようにして下さい。目安としては1か月程度と言われています。
しかし、カミソリの使用回数、使い方によって個人差があります。
すべりが悪くなったり刃のさびが見られるなど、気になる時はその都度交換すべきです。
商品によっては、交換時期が目でみてわかるものもあります。
落としたりなどして、刃や本体が破損した時はすぐに新しいものに交換しましょう。

 

使用した後のカミソリは必ずお手入れを

使用した後のお手入れもかかせません。
泡や毛が残っているとカミソリが雑菌だらけになってしまいます。
必ず流水で流し、乾燥させましょう。ティッシュペーパーやタオルなどでふき取るだけでは不十分ですし、刃を痛めてしまいます。
乾燥させる時は、湿気があり雑菌だらけのお風呂場ではない場所で乾かすとよいでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.