> >

Vライン脱毛失敗パターン2つ 思ったような仕上がりではなかった!



東京BDC札幌店
Vラインのムダ毛の処理の解決方法では脱毛をするのがベストなのですが、中には満足出来ていないという人もいるようです。

例えば形が整っていないという例があります。
事前のシェービングの時にちゃんと形を整えて剃っているのに照射してもらってから暫くするとキレイに形が揃っていないという人も中にはいるようです。
形が揃っていなかったり左右もアンバランスになってしまっていたら不安ですよね。

 

Vライン脱毛の悩み1:形が綺麗に整わない

実際にどのように照射しているかが問題になります。
そのまま普通に照射しているようであればラインを決めたほうが良い場合もあるのです。

この場合、照射前に1回ペンで書いておいてラインにあわせて照射してもらうという方法をしてみると良いでしょう。
クリニックなどでこの方法で照射しているというケースもあります。
もしこの方法では無い状況で照射しているようであれば相談してみて下さい。
ペンで書くと形さえ決めておけば左右対称で処理が可能になります。

また、ガタガタにならないようにする対策のひとつとしては、型紙のようなものがあってそれを使いつつ照射していくという方法もありますので同様に検討してみると良いでしょう。

 

Vライン脱毛の悩み2:形が不自然なほど整ってしまった

また逆の状況で悩んでいるという人もいます。

一般的にVラインの形を整える場合は三角にするか四角の状態で形を整える場合が多いです。
ですが人によってはきっちりとしすぎた形だと目立ってしまってイヤだと感じている人もいるようです。

確かにはっきりと残っていると目立つのは確かです。
四角の場合は大きさ的にも味付け海苔に似た感じにも見えてしまうので気になってしまうというのも仕方がないのかもしれません。

はっきりと目立ちすぎて不自然という理由もあるということです。

この場合、後からグラデーションのように外側だけ軽く照射してもらって薄い感じにしてもらうという方法もあるので気になっている人は相談してみると良いです。

また、事前に出来る対処方法としては最初、1回か2回はVラインの毛を全部照射して毛の量自体を薄くするという方法です。
その後形を整えるという方法をとるというやり方もありますので色々と調整してみると良いですね。

 

スタッフと相談しながら満足できるVライン脱毛を!

Vラインの場合、毛が多すぎても困るし、変に形が整いすぎてても不自然に感じてしまうといった具合に気になりやすい場所ですよね。
形に関しては色々と相談したり考えてみるようにしましょう。
また、範囲の大きさに関しても小さくしすぎたと思ってしまう人も中にはいるようなのであまり最初からものすごく小さくするということは避けたほうが良いのかもしれません。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.