> >

Vラインの埋没毛はどうケアすべき?埋没毛ができる原因と、その対処法




Vラインのお手入れで気になることって色々とあると思いますが、お手入れをして暫くしてからの悩み事というのもありますよね。

例えば多くの人が悩んでいるものの一つに埋没毛などがあります。
埋没毛は皮膚の下でムダ毛が出てこないでしまっている状態です。

状況も人によって色々とあります。
まっすぐ皮膚の下に埋もれているという場合もありますし、毛がまとまった状態でニキビみたいな感じで盛り上がってしまっている場合もあるのです。
この埋没毛はなぜ発生してしまうのか?という点は気になりますよね。
多くの場合、普段から行っている自己処理が原因となっていることが多いのです。

 

埋没毛の原因は?

何故、埋没毛が起きてしまうのか、ということですがポイントは肌のダメージです。
例えばVラインのお手入れ、どのようにしていますか?
多くの人がカミソリで剃ったりして処理しているのではないでしょうか。
また毛抜きで抜いてしまうという人もいます。
どちらにしても肌へのダメージがある処理方法です。
肌へのダメージがあると肌は急いで修復しようとします。
修復する際に毛は生えていないので毛穴の事は省いて肌を再生しています。
そこに暫くしてから毛が生えてこようとするのですが、ここで出口が無いという状態になるのです。

出口が無いということでそのまま伸びてきたりしてしまうので埋没毛になってしまうということなのです。
場合によっては化膿してしまうという人もいます。

 

埋没毛を引っ張りだしてはいけない理由

そこで気になってしまう人は針などでほじくってしまう人もいるのですがこれは絶対にやってはいけません。
針でほじくることによって更にばい菌が入って化膿、炎症が悪化してしまうということになってしまうのです。

炎症がひどくなったり化膿してしまうという事態になると当然ですが肌への色素沈着が起きてしまいます。
目立ってしまうので炎症が起きないように、手をつけないことがベストです。

埋没毛の場合、ベストな方法は肌の代謝でいずれは出てくるという点があります。
なのでVラインの場合、余分な角質を落とすという目的だけならデリケートゾーン用のスクラブを使って週に1回お手入れをするようにしたほうが良いでしょう。
ポイントはこすり過ぎない、そして自然に余分な角質を落とすということを心がけて下さい。
逆にこすりすぎると更なる埋没毛につながってしまうので注意が必要です。

自己処理は肌トラブルの元になりやすいので脱毛をしたりしてVラインの毛を減らしていくようにしていくのがベストですね。
ムダ毛が減ることによってお手入れの必要もなくなっていきます。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.