> >

Vライン脱毛前のシェービング。自己処理でも肌荒れしない方法とは?



顔脱毛
一般的に気になるムダ毛の一時的な処理というとシェービングを思いつきますよね。
誰もが実行したことがある方法だと思います。

手軽ですがデメリットも多いのでシェービングは頻繁にやらないほうが良いとも言われています。
まず一つの理由として肌荒れを起こしてしまうということです。

 

カミソリでのシェービングにはリスクがいっぱい

カミソリでのシェービングをすることが多いと思いますが、カミソリの場合は肌の表面も一緒に削いでしまっているような状況になります。

つまりシェービングをするたびに肌にダメージが出てしまうということなのです。

シェービングをした後に保湿などをしっかりとやらないとガサガサな肌になってしまいます。
ですが肌が弱い人にとっては保湿のつもりで化粧水などを使った時に逆に肌に染みてしまって肌トラブルになってしまったという人もいるのではないでしょうか。

この肌ダメージによって埋没毛になってしまったという人もいるのです。

後はシェービングを繰り返すことによって肌が黒ずんできてしまうという問題もあります。

肌荒れも埋没毛も黒ずみもなってほしくない現象です。

でもVラインの一時脱毛をするとこれらのリスクが出てしまいます。
問題が起きないようにするにはシェービングをしなくても良いぐらいの状況にする、つまりお手入れが要らないぐらいに脱毛をした方が良いということです。

 

それでも脱毛前にはシェービングが必要に…

ですが、脱毛の際に実はシェービングは必要になります。
なぜかというとわざとちょっと毛を出すような状態にしてそこに光を照射して毛根に熱を与えるという方法だからです。

なので脱毛処理をする前にシェービングをしてきてくださいといわれます。
でも肌が荒れるシェービングをしてしまうと施術事態を断られてしまう場合もあるのです。
やはり光脱毛の照射も多少なりとものダメージがありますので肌トラブル防止ということですね。

肌が荒れないシェービングを出来るようにしたほうが良いという事になります。

 

カミソリではなく電気シェーバーを使って

肌が荒れないシェービング方法としてオススメなのは家電量販店などで手軽に購入することができる電気シェーバーです。
電気シェーバーの場合、適度に剃る事ができますし、肌にも直接刃が当たることがありませんのでおすすめですよ。
Vラインを直接、カミソリで剃ってしまうことによって黒ずんでしまい悩んでいる人も電気シェーバーに変更することで徐々に改善することができるようになります。

もし毛が伸びすぎてうまくシェービング出来ない場合は事前にはさみでカットしてからシェービングするとキレイに仕上がるようになるでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.