> >

痛みが苦手ならミュゼがいいかも!ミュゼVライン脱毛でお得なコースは?




ミュゼプラチナムで注目したい脱毛プランといえばワキとVラインですよね。
他の脱毛サロンでやろうとすると数万かかってしまうような部位ですがミュゼプラチナムでは脱毛完了コースとして安くできるのです。

でもその場合はVラインのサイドのみという条件もありますのでしっかりとVラインの脱毛をしたいと考えているようであればセットコースのハイジニーナ7コースを申し込んだほうが良いでしょう。

 

 

ミュゼプラチナムでのVライン脱毛

ミュゼプラチナムのVラインのパーツは7パーツに別れているので自分で希望の形に調整できるといったメリットがあるのです。

そこでミュゼプラチナムでVラインの脱毛をするとどのような感じなのかという部分を説明しようと思います。

まずVラインの脱毛なので全部脱いでいるような状況なのか?と心配する人もいるのではないでしょうか。
できれば最小限で隠しつつ施術してもらえるといいと思っている人も多いので、ミュゼプラチナムでは紙のショーツを履いて施術します。
照射する際に紙のショーツをずらしながらやっていくので結構慣れてきて大丈夫だったという人も多いのです。

また、Vラインは脱毛する箇所が決まっているので結構外にはみ出てしまうという感じで毛が生えてしまっているという人はどの範囲までを照射してくれるのかというのもカウンセリングの時などに確認しておくと良いでしょう。

 

他の部位より痛みがあるVライン脱毛

脱毛サロンでの光脱毛は医療用のクリニックのレーザー脱毛に比べ、出力が弱いので、一般的には痛みが少ないと言われています。
脱毛する箇所によっては、全然痛みを感じないと答えている人も多数います。
しかし、Vラインの毛は濃くて太いので、多少の痛みがあるのが現実です。
光脱毛は毛根のメラニンの黒色に反応して破壊するのですが、肌が黒ずんでいて色素沈着を起こしている場合には、肌に対しても光エネルギーが当たってしまい、ビリっとした痛みを感じます。
Vラインは黒ずみや色素沈着を起こしている人が少なくありません。
特に、日本人はほとんどの人が黒ずみがあると言われていて、さらに自己処理をしていた人は、カミソリの刺激によって黒ずみが悪化している場合があります。
なので、他の部位と比べると、比較的痛みを感じる人が多くなってしまいます。

あまりにも痛い場合は、出力を落として脱毛をしてもらうことになるのですが、そうすると光が弱い分、もちろん効果を落ちてしまいます。

 

痛さ対策はしっかり!のミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの脱毛は痛くないと評判は良いけど、Vラインの場合どうなのだろうか、気になりますよね。

Vラインは他の場所に比べて若干、痛いのでは?とも思ってしまいます。

ミュゼプラチナムの場合はスムース・スキン・コントロールという方法での脱毛で一般的に肌にも痛さやダメージがおきにくい方法での照射になります。
照射する前にジェルも塗ってからですのでVラインでも痛みを感じることなく施術してもらうことが出来るのです。

なのでVラインの脱毛を検討するのであれば痛さなどの心配も無いことからミュゼプラチナムは検討するサロンに入れても良いのでは?という範囲に入ります。

 

プラン選択の際には10回以上の施術を想定して

ただ、Vラインの毛に関しては結構しっかりと生えている部位になりますのでどうしても回数がかかる場所だということは事前に理解しておいたほうが良いかもしれません。
薄くなるまでは早いけど薄いまま徐々に目立たなくなっていくという感じで回数がかかるような感じです。
満足できるまでに10回以上はかかるという人も多いのでプランの申し込みの際に参考にしてみると良いでしょう。

 

 

※記事中のプラン内容は掲載時のものとなります。最新の情報はミュゼプラチナムの公式サイトでご確認下さい。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.