> >

サロンでのVライン脱毛って恥ずかしい?経験者の話を聞いてみました



ミュゼプラチナムグランNU茶屋町店
数年前からVIOラインの脱毛、つまりハイジニーナ脱毛をする人が増えてきました。

VIOまでとも行かなくても、Vラインのお手入れというのは状況によっては必須ですよね。
Vラインの脱毛というのは考える人も多く、実際に申し込みする人が多い場所でもあります。

ただ、Vラインは場所が場所だけに躊躇してしまうという人も多い場所です。
見られてしまうということを考えると行きにくいですよね。
中には脱毛したいと思うぐらい濃いし量が多いと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
なのでなおさら見られてしまってビックリされたり笑われてしまったらイヤだなと考えてしまいます。

そこで実際に経験がある人の意見を参考にしてみましょう。

 

スタッフにとってはVIO脱毛もごく普通の施術

例えば施術する人の側、つまりサロンのスタッフさんの側で言ってしまうとVラインの施術をする人は多いので見慣れてしまっています。
濃いとビックリされるのでは?と思っても施術予定の場所はシェービングしてしまっていますしそれ程問題に思う人もいないと考えてください。

慣れという事で問題に思わなくても良いということです。

 

Vライン脱毛をする人は皆同じ!

そして施術される側の人の経験者から言うと最初は確かに恥ずかしいし躊躇してしまうという点はあるでしょう。
ですが施術前に紙のパンツに履き替える状態なので全く何も着ていないという状態ではありませんし、Vライン脱毛をする人は皆同じ、と考えてそのままお願いしてしまうそうです。

 

むしろ痛みのほうが気になるという意見も…

1回目の施術の場合、太くて頑丈な毛が生えてしまっているという都合でバチッ!といった音があったり、弾ける様な衝撃の痛さがあったり、チクッとした感じの痛さがあったりします。
やはり最初の2回目ぐらいまでは痛さがあると思ったほうが良いみたいです。

どういうことかといいますと、1回目の施術ではどちらかというと痛みの方が気になって見られて恥ずかしいどころでは無いという人が多いのです。
でも比較的我慢できる痛みというのとあっという間に終わるという状況ですね。

以降、2回目からはもう1回、経験しているということもあり、慣れとまた痛いのでは?という心境からそれほど恥ずかしくもなくなってきてしまいます。
後は慣れの問題なので普通にお願いしている人が多いです。

 

脱毛を受ける側も次第に慣れる

中には紙ショーツをずらしつつ施術するのが面倒に感じて紙のショーツを履かないでお願いしてしまう人もいるぐらいです。

実際に経験してみるとそうでもなかったと感じる人がほとんどですので心配なのは施術する前までという事みたいですね。
思い切って挑戦してみましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.