> >

Vラインの光脱毛には事前処理が必要。苦手な場合はどうしたら良い?




Vラインの脱毛をしようかなと思ったときに多くの人が利用するのが脱毛サロンではないでしょうか。

カウンセリングで最初にサロンを訪れた際には肌の状態や体調面を確認してどのプランを申し込むか決めて終了します。

大手の脱毛サロンの場合、カウンセリングの当日にやってくれることはまずありません。
次、つまり1回目の施術の日を決めて予約を入れることになります。

 

サロンでの脱毛の前には事前処理が必要

この時に事前に処理をしてから来るようにして下さい、と言われると思います。
脱毛をしてもらう予定の場所を2日ぐらい前にシェービングしておくのが普通です。
シェービングをし忘れると1回分の施術自体を断られてしまうというサロンもあります。
中にはシェービングをしてくれるけど別途料金がかかるというサロンもあるのです。
なのでシェービングはしなくてはいけないのですがVラインの脱毛を含むVIOラインの場合、シェービング自体が怖いですよね。

 

VIOラインの自己処理には不安が…

デリケートゾーンだという点がまずあります。
無理してカミソリなどで剃った場合、肌荒れの恐れもあるので心配です。
また角度的に処理がしにくい場所でもありますのでどうすれば良いのか困る場所でもあります。

Vラインのシェービングに関して、不安がある場合は必ず事前に聞くようにして下さい。
脱毛サロンによって対応が違ってくるので一概には言えませんが、サロンによってはシェービングはサロンの方でやるので不要ですよ、と言ってくれるサロンもあるのです。
この場合、シェービング→光脱毛の照射→アフターケア といった流れになります。

VIOのゾーンは特に無理してシェービングすることで施術できない状況になってしまう事になる心配もありますのでまずは相談です。

自分で剃って肌荒れを起こしてしまうよりはお任せした方が安心ですよね。

ですがサロンによってはやはり事前にシェービングをしてきて下さい、とお願いされる脱毛サロンもあります。
その場合、どのようにすればVラインの部分を良い状態でシェービングできるのか、聞いておくことです。
シェービングのコツなども教えてくれるでしょう。

 

事前処理のために電気シェーバーを購入して

肌荒れしないシェービングをするには電気シェーバーを購入しておくようにしてください。実際脱毛サロンでのムダ毛の処理も、この電気シェーバーを使用するところがほとんどです。サロンオリジナルのシェーバーを販売してるところもあるんですよ。

電気シェーバーは高いイメージがあるかもしれませんがそんなことはなく、小さなものなら2000円程度のものもあるので1本は持っていたほうがいいでしょう。

とくに後々、別の場所も脱毛する予定があるようでしたら結構長期に渡って使う事になりますので一度購入された方が便利です。

初めに長めの毛があったらはさみでカットをしてそれから電気シェーバーを使ってシェービングしましょう。
この方法で肌荒れもしないである程度のシェービングは可能になります。

 

カミソリではだめなの?

電気シェーバーと似ている方法としては、カミソリが挙げられます。
世の中の女性の多くがこの方法でムダ毛を処理しているのではないでしょうか。

それだけ手軽な処理方法なのですが、お肌のことを考えるとあまり良い方法とは言えません。
なぜなら、ムダ毛と一緒にお肌の表面も削り取っているからなんです。
優しくシェービングしていると思っていても、実はわずかながらも傷つけてしまっているということです。

 

毛抜きは絶対にやめて!

絶対にやってはいけない自己処理方法に、毛抜きがあります。
毛抜きは仕上がりがきれいなことから、やってしまっている女性も多いかもしれませんが、これはかなりお肌に負担をかけている方法なので避けておいたほうがいいでしょう。

しかもそれが脱毛前の自己処理となると、確実にやってはいけない方法になります。
脱毛の際は毛根に毛が残っていないといけないので、毛抜きで抜いてしまうと脱毛が不可能になってしまうのです。

 
同じ理由でワックスも使用できません。
脱毛前ではない場合も、到底お肌にやさしいとは言えないのであまりおすすめできません。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.