> >

アンダーヘアを自己処理するなら「Vライントリマー」でトラブル回避



脱毛エステ
ビキニラインの毛が気になってきた場合、Vライン脱毛をする人が多くなりますが、脱毛を決心するまでに自分で処理をするという人もいると思います。
自己処理は剃ったりするので基本的にはおすすめできません。

肌も荒れてきてしまいますし、黒ずんできてしまうというデメリットもあります。

 

Vラインの自己処理に便利な「Vライントリマー」

もし脱毛をして毛の濃さがある程度落ち着くまでに長すぎ毛をカットするという一時処理をする場合、はさみでカットする人も多いのではないでしょうか。

長すぎる毛をカットする程度の場合、チクチクしてしまって触った感じも良くないですよね。
下着を突き抜けて出てきてしまうという事も考えられます。

Vライントリマーという商品があるので使うことによってこの不快な状況を解決することが出来るでしょう。

 

毛先を熱で処理するVライントリマー

Vライントリマーを使うことによって毛先がカットされるという訳ではなく熱によって毛先がカットされる方法の商品です。

この商品を使うことによって長すぎる毛を整える程度にカットしてもチクチクすることはありません。

以前はチクチクしないように線香で焼いていたという処理をしている人もいたので要領で言えば同じになるのです。

 

Vライントリマーのメリット

毛先が丸い感じに処理できるので下着を突き抜けてしまった!とか水着から飛び出てしまっていた!というトラブルは防ぐことが出来ます。

Vライントリマーは持っていると携帯することも出来ますし、ちょっとはみ出ている部分を手軽にカットして整えることが出来るので便利です。

旅行の時でも持ち運びしやすいのでもって行くと役に立ちます。

脱毛サロンで脱毛中という人でも毛の量が減るまではやはりある程度の長さは整えるようにするべきなので使う事が出来ます。
はさみでカットするよりはトラブルは減りますので持っておくようにするとよいでしょう。

 

トラブルが起こりやすい自己処理

脱毛サロンで脱毛処理中の人がやってはいけないのは抜いてしまうことです。
これはどういう状況の人でも肌トラブルの元となってしまうのでやらないで下さい。
毛穴にばい菌が入って化膿してしまうと跡が残るので絶対にやめましょう。
また、毛がちょっとでも出ていないと照射しても効果が出ない状況になってしまいます。

後、はさみで毛を切ってしまった場合、チクチクした毛先が肌にダメージを与え同様に炎症を起こす可能性もありますのでおすすめできません。

ちなみにシェービング前のカットであればはさみでも大丈夫です。
Vライン脱毛中の毛の長さの調節はこういったグッズを利用することで安全に処理できるようになります。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.