> >

VIO脱毛は恥ずかしいという方に。エステのVIO脱毛を詳しく解説!



エステタイム尼崎イオンモール店
皆さんはサロンでVIO脱毛をしたことはありますか?
多くの人は恥ずかしくて出来ないと考えていると思います。

友達同士でお風呂に入ることさえ、まだ少し抵抗があるのに、まさにその部分を他人に処理されるなんて!と思いますよね。

しかし実際、男性からすればデリケートゾーンの毛の生え方や量も整っているに越したことはないのです。
付き合いが長くなってくれば「処理して」と言われることもザラにあるでしょう。

そうと分かっていてもイマイチ踏み込めない人のために、サロンでのVIO脱毛はどのように行われるのか、その手順を説明します。

 

VIOの施術方法はほとんど他の部位と同じ

VIOゾーンの施術方法は、腕や脚を脱毛する時と同じように手順はほとんど変わりません。

何が違うかと言えば、脚や腕は全面的に毛をなくす(少なくする)ように施術を重ねていきますが、VIOゾーンは毛が生えている部分の形や毛の量を整えるために行います。

施術時はTバッグのようなショーツを履いていて、整えたい形に添って余分な毛をシェービングします。それからジェルを塗り、照射するという手順になっています。

 

VIO脱毛は痛い!?

デリケートゾーンの肌は薄くて柔らかく、毛質も太くて硬いという人が多いので、その分痛みを感じやすい部位です。とは言っても脱毛サロンで行う光脱毛であれば、そこまで心配する必要はないでしょう。また、回数を重ねる毎に毛量、毛質が変化していくので痛みを感じにくくなります。
基本的には脱毛サロンであれば機械の種類が違っても光脱毛には変わりないので痛みに大きな差はないですが、前後のケアなどでできるだけ痛くないように施術してくれるサロンもあります。

 

恥ずかしさを乗り越えられたらあとは幸せ

VIO脱毛は正直、必要ないと思いがちですが、いざ受けてみると彼にほめられたなど嬉しい出来事も多いようです。

彼の方から「整えて」と言われる人もいるくらいですから、恥ずかしさと彼に喜んでもらいたい気持ちのどちらを取るかといったら、答えは言わずとも見えてきますよね。

また毛の量を調節することで夏でも汗で蒸れてかぶれる心配も少なくなります。

 

施術中は何も履いていないの?

脱毛サロンによっても違ってきますが、紙のショーツが支給されることが大半です。
そのショーツを履いた状態で脱毛する箇所だけ少しずらして脱毛してもらうというのが多いので、全てが丸見えという訳ではありません。
上半身は普通に洋服を着ていて、下だけは紙のショーツという状態なので、知らない人にデリケートゾーンがすべて見られるかと心配に思っている人も多くいらっしゃいますが、安心して通うことができます。

 

施術時にはどんな体勢?

Vライン脱毛をするときには、仰向けになって足を伸ばした状態で脱毛をします。少し足を開いたり、立膝をするなどの指示がありますが、無理な姿勢を要求されることはありません。エステティシャンの人たちは仕事上何度も何人もVラインの脱毛施術をしているので、恥ずかしく思う必要はないでしょう。
脱毛する箇所は少しずつずらしていくので、肌が見えるのは最小限に抑えながら、脱毛してもらうことができます。

 

脱毛にかかる時間はどれくらい?

Vラインの脱毛は範囲も狭く、それほど時間がかからないのが一般的です。
サロンによっても違ってきますが、5~10分がほとんどです。
短時間でできるのも、脱毛サロンで処理をする魅力の一つにもなっています。

 

Vライン脱毛はどれくらい通えばいい?

脱毛サロンでの脱毛の場合、3~4回で少なくなってきたり、細くなってきたことを感じることができる人が多いようです。2~3か月に1回のペースで1年~2年程度続けると、理想の形になっていきます。
もちろん個人差があるので参考までとしてください。

 

VIOゾーンは自己処理が難しい

デリケートゾーンであるため、何回もカミソリを使って自己処理をするよりは、恥ずかしさを我慢してサロン脱毛を選んだ方が衛生的にも良いですよね。

VIOゾーンは自己処理も可能ですが場所が場所なので、上手に出来ない部分もあります。その点、サロンで脱毛を受ければ、自分では見きれない部分までしっかりと処理がいき届きます。

VIOゾーンのサロン脱毛は、恥ずかしさを捨ててでも受けるメリットが大きいのです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.