> >

体験してみる?ハイジニーナ(VIOライン)脱毛のメリット・デメリット



Sexy body
VIOすべての毛を脱毛してしまう「ハイジニーナ脱毛」。サンバの衣装を着るブラジルをはじめ、外国ではおなじみの脱毛法ですが、日本ではまだまだ抵抗を示す人も少なくありません。そもそも、ハイジニーナ脱毛ってどんなメリット・デメリットがあるの? という人のために、ハイジニーナ脱毛についてまとめてみました。

 

ハイジニーナ脱毛のメリット

ハイジニーナ脱毛のメリットは、なんといっても陰部を清潔に保つことができる点です。体毛は体を守るために生えていますが、陰部の毛は排泄物や生理の出血、おりものなどが付着して不潔になりやすく、体を守るどころか病気やニオイの原因になってしまうことも多いのです。

また、毛がはみ出す心配がないので、大胆なカットのショーツや水着に挑戦することもできます。毛によって蒸れないので、快適に過ごすことができるのもメリットのひとつです。

 

ハイジニーナ脱毛のデメリット

一方、ハイジニーナ脱毛のデメリットは、毛がなくなることにより好奇の目で見られやすいことです。ファッションを楽しむためということは理解できても、なにもすべての毛を失くしてしまう必要はないんじゃないかと考える人は多いです。そのため、彼に引かれてしまったり、温泉や更衣室などで恥ずかしい思いをする可能性はあります。

また、お店で脱毛をする際、痛みを強く感じやすいというデメリットもあります。他の部位は我慢できても、陰部だけはどうしても我慢ができず、途中で断念する人もたくさんいるのです。特に痛みの強い医療レーザーはその傾向が強いです。また、医療レーザーやニードル脱毛は一度処理した部分の毛はもう生えてこないので、若気の至りでハイジニーナ脱毛したはいいものの、やっぱり後悔……となることも。

 

ハイジニーナ脱毛に適した脱毛法

以上のメリット・デメリットを踏まえた上で、それでもやっぱりハイジニーナ脱毛を試してみたいという場合は、ブラジリアンワックスや痛みの少ない脱毛法を採用したエステのS・S・S式脱毛がおすすめです。
ブラジリアンワックスは溶かしたワックスを処理したい部分に塗り、上から布をあててなじませ、一気にはがす脱毛法です。痛みはそれなりにありますが、一瞬で終わるので意外と楽だったという人が多いです。また、ワックスに含まれる美容成分により、施術後の肌がしっとりするというメリットもあります。時間もかからないので、忙しい人にはぴったりです。

S・S・S式脱毛は、無痛脱毛とも呼ばれるもので、肌へのダメージが少なく、痛みもかなり軽減されることから注目を集めている脱毛法です。1度に照射できる範囲が広いので、ブラジリアンワックスと同じく、脱毛に時間のかけられない人にも適しています。

日本人女性にはまだまだ敷居の高いハイジニーナ脱毛。メリットもたくさんあるので、また生えてくる方法を選んで一度試してみるのもいいかもしれません。ただ、デートや旅行の予定があるときは避けたほうが無難です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.