> >

効果は高いけれど…ニードル(針)でのVライン脱毛、合う人合わない人



Beautiful slim female body
メラニン色素の多いVラインは、黒い色に反応してしまう医療レーザーやエステの光フラッシュでは脱毛のしにくい場所。その点、肌の色に関係なく1本1本処理していくニードル脱毛なら問題なし! 今回は、ニードルによるVライン脱毛についてまとめてみました。

 

ニードル脱毛ってどんなもの?

近頃ではあまり目立ちませんが、ひと昔前はポピュラーな脱毛法でした。クリニックとエステどちらでも施術することができ、毛穴に針を差し込んで微弱電流を流すというやり方をします。1本ずつ確実に処理することができるので、医療レーザーと並んで永久脱毛の効果は非常に高いです。

 

ニードル脱毛なら事前処理は必要なし

ニードル脱毛は、他の方法とちがって毛が長いほど処理がしやすくなります。毛穴に針を通すとき、毛がしっかりつまめないとやりにくいのです。面倒な事前処理が必要ないところは高ポイント。

 

費用はどれぐらいかかるの?

ニードル脱毛は、人によって処理しなくてはならない毛の量がちがってくるので、部分的にいくらという決め方ができません。
そのため、時間に対していくらと設定されている場合が多いです。料金は比較的高く、1分ごとに数百円かかることも普通なので、かなりの出費を覚悟せねばなりません。

また、毛1本に対していくらと設定しているところもありますが、こちらも1本あたり1,000円以上かかることが多く、やはり費用は高額になります。

 

施術を受ける際の注意点

ニードル脱毛は、微弱とはいえ毛穴に直接針を差し込んで電気を流すので、他の脱毛法に比べるとかなり痛みが強いです。医療機関で受ける場合は麻酔で痛みを軽減することもできますが、医療行為のできないエステではその激痛にひたすら耐えるしかありません。

また、決して簡単な施術ではないので、施術者の腕が悪いと色素沈着や内出血、腫れ、かゆみなど様々な肌トラブルに見舞われます。お店選びは慎重に行ってください。

また、1本1本処理していくという性質上、どうしても時間がかかります。そのため、高額な出費と痛みに耐えながら長期間通わなくてはならず、途中で挫折する人も多いです。

 

ニードル脱毛に向く人・向かない人

ニードル脱毛に向いているのは、お金や時間に余裕があり、痛みに耐えられる人。また、他の脱毛法とちがって、施術に通っている間はある程度毛を伸ばしておく必要があるので、それが苦にならないことも重要です。

一方、この方法に向かないのはお金と時間が限られている人。ニードル脱毛は処理のペースが遅いので何度もお店に足を運ぶ必要がありますし、1回につき最低でも数万円かかります。施術にかかる時間も数時間単位で見ておく必要があるので、忙しい人は物理的に無理です。痛みに強いことも必要でしょう。

デメリットが多いことから施術のできるお店も減る一方のニードル脱毛。しかし、肌が日焼けをしていても関係なく処理でき、1本ずつなので毛の量を調整しやすいというメリットもあります。施術者の腕が良ければ永久脱毛の効果も抜群なので、条件の合う人は検討してみるのもいいのではないでしょうか?

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.