> >

自分でもできる!Vラインの自己処理に適したアイテムと処理する方法




ワキや脚などとちがい、Vラインは人に見せるのに抵抗を示す人が少なくありません。いくら相手がその部分を見慣れたプロといっても、恥ずかしいものは恥ずかしいですよね。そこで今回は、どうしてもお店に行けない人のために、自宅でのVラインの処理方法についてまとめてみました。

 

Vラインの自己処理にはどんな方法があるの?

まずVラインの処理に適した道具のご紹介をします。

 

電動ヒートカッター

昔の女性はアンダーヘアを線香で焼き、1本1本処理していました。電動ヒートカッターは、その電気版と考えていただければ分かりやすいと思います。眉を整えるシェーバーのような形になっていて、手元のボタンを押すと熱線に電気が通り、ムダ毛を焼いてカットしてくれる仕組み。カミソリとちがい、毛先が丸くなるのでチクチクせず、下着や水着を突き破って飛び出す心配がないというメリットがあります。

 

電動脱毛機

処理がサクサク、スピーディに進むところが魅力の電動脱毛機。剃り跡は毛先がとがってチクチクしますが、ケガやヤケドの心配がなく安全に使えます。また、お値段は張りますが、エステの光脱毛のような効果を得られる脱毛機も売られています。ダイヤルで出力を調整しながらあてていき、毛根にダメージを与えて生えにくくします。

 

T字カミソリ

昔ながらのT字カミソリ。近頃では刃の前後に石けんが付いているなど、肌に優しく剃れるものも増えています。慣れないうちは刃すべりを起こしてケガをしやすいので気を付けてください。

 
他には、クリームやワックスを使う方法もあります。しかし、肌の弱い人だとかぶれてしまうこともあるので、必ずパッチテストで確かめてから使ってください。

 

Vラインの自己処理の仕方

デリケートで色素沈着を起こしやすく、しかも処理しにくい形のVライン。自己処理は難しいですが、慣れてしまえばどうということはありません。

まず、鏡を見ながら処理する範囲を決めます。左右のバランスが違うとおかしくなってしまうので、定規などを当ててしるしを付けましょう。

次に、お好みの方法で少しずつ処理をしていきます。剃る場合は、肌を傷つけず滑りをよくするために石けんやシェービングローションなどで保護してください。

最後に、肌の炎症を抑えるため処理した部分を冷やして落ち着かせます。保冷剤を包んだタオルなど、肌あたりの良いものなら何でもかまいません。仕上げにローションやクリームをなじませ、保湿をして終了です。

 

自己処理の際は十分に気をつけて

Vラインは自己処理によるトラブルが起きやすい場所。処理をする間隔はできれば2週間ほど空けましょう。剃る方法で処理する場合は、丁寧に肌を保護して傷や色素沈着を防ぐようにしてください。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.