> >

デリケートゾーンの色素沈着が酷くVライン脱毛を断られた話。スタートまでに2年かかりました



VIO脱毛

 

Vラインの脱毛で失敗したこと、後悔したことなど、経験者が感じたことをまとめてみました。
これからVラインの脱毛を検討している方は、参考にしてください。

 
※また、脱毛リキの姉妹サイトでもVIOライン脱毛で失敗しないための知識が掲載されいます。
・元に戻らないVIO脱毛で失敗しないための本音トーク
VIO脱毛を考えている方にはかなり参考になります。

VIOのムダ毛を毛抜きによる処理を長年続けたケース

35歳になるまで、10年以上アンダーヘアの手入れは毛抜きでした。
カミソリは直ぐに伸びてきちゃうし、ジョリジョリするのが嫌だったので毛抜きが一番手軽でした。

 

でも、毛穴の中に毛が埋まってしまう、いわゆる埋没毛になることも頻繁にあるし、段々キレイな状態とは言えなくなり、気がつくと下着の横に黒ずんだ肌が見えるようになってしまったんです。

 

どんどん黒ずみがひどくなるのが嫌だったので、毛抜きの処理を止めてエステサロンへ行きました。
でも、VIOの黒ずみが原因で、断られてしまったんですよ。
あまりにも、色素沈着がヒドイので、フラッシュ脱毛という黒い色素に反応する脱毛方法は危険だというのです。

 

その部分の色素沈着を、まず元の肌の色に戻すことからはじめないとダメだと言われました。
仕方なく、2年間手入れを一切しない状態でガマンしてから、やっと脱毛にトライできる状態にまで戻りました。

 

でも、完全に色素の沈着はなくなっていないので、キレイに仕上がるのか不安も抱きながら通っています。

 

 

家庭用脱毛器による脱毛に失敗したケース

最近、エステレベルの高性能の家庭用脱毛器が10万円以下で買える時代になったんです。
以前は、何十万もかけてエステで脱毛したのがウソみたいです。

 

手足の脱毛や、ワキの脱毛に家庭用脱毛器を使っていました。
Vラインの脱毛にも使えると、口コミで見かけたので自分でもやってみようと思いました。

 

今まで、Vラインの手入れはしたことがなかったので、手足の脱毛と同じ感覚でやってみたら、
予想以上に痛みがあって、ちょっとビックリしてしまいました。
出力をハイパワーにしていたのですが、それ以降は痛みにビビってしまい出力が上げられません。

 

そのせいで、脱毛効果が出るのにものすご~く時間がかかってしまい、夏はとっくに終わってしまいました。
時間をかけて、徐々に脱毛するしかないので、夏に間に合わせるにはかなり時間が必要ですね。

 

 

エステでの脱毛が続かなかったケース

ワキの脱毛の体験コースで、とても安くできたので、ワキとVラインの脱毛をはじめることにしたんです。
スゴく低料金なので、契約したのですが、安いサロンは人気が高くて予約がなかなか取れないんですよね。
仕事が休みの週末はもちろんですが、仕事が終わってからの時間も、思うようには取れないんです。

 

それでも頑張って通っていたのですが、せっかく予約が取れた時に生理と重なってしまったりして、結局は半年で2回行っただけです。

 

そんなペースでは、脱毛も思うように進まないから解約してしまいました。
安いし、スタッフさんもとても感じが良かったし、痛みも少なかったから気に入っていたのに残念です。
でも、人気の高いサロンではよくあることみたいなので、これから脱毛サロンを選ぶ時は予約の取りやすさもポイントにします。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.