> >

海外では男性もアンダーヘアを脱毛している。日本でハイジニーナが敬遠される理由



VIO脱毛

 

ビキニラインの脱毛は、日本人の中でも色々な意識の違いがありますが、海外ではどうなのか?ちょっと気になります。

 

 

海外では男性もアンダーヘアを脱毛する!

女性だけじゃなく、男性でもビキニラインの脱毛をするという話を聞きました。
ヨーロッパなどで活躍するサッカー選手が、海外では男性も剃るのが常識だと言っているのをTVで見たこともあります。
それは、見た目の問題ではなく、清潔に見えないという理由が大きいようです。

 
ただ、海外と言っても世界は広いですから、国によって、宗教によって、民族によってそれぞれ違いがあります。
ハッキリ言ってしまえば、普段は人に見られることがないビキニラインの脱毛は、個人の好みなんです。
ただ、女性の場合は下着を選ぶ時や水着の選ぶ時に困るということが理由として一番大きいワケですから、これは国を超えて女性に共通する悩みと言っても良いでしょうね。

 
では、日本ではビキニラインの脱毛をしている女性がどのくらいの範囲で脱毛しているのか調べてみました。
海外では、ハイジニーナという全く無毛の状態にする人が増えているようですが、日本ではまだまだそこまでいっていないようです。

 

 

温泉文化がハイジニーナ敬遠の原因?

日本には公衆浴場で多くの人と入浴するという習慣がありますよね。
温泉や大規模銭湯などで、タオルで隠して入浴する人は少ないものです。
その時に全く無毛の状態にしてしまうと、ちょっと恥ずかしいと感じてしまうので、少し残す程度に脱毛する人が多いようです。
たしかに、全くツルツルの状態の人を見かけたとしたら、ドキッとしてしまうかも知れません。
この先、アンダーヘアの脱毛がもっと一般的に広まっていけば珍しいことでもなくなるという世の中になるかも知れませんが、今のところは小さく残す人の方が多いようです。

 

 

エステ脱毛するなら、生えてこなくなることも想定して

カミソリなどで一時的に処理する場合は、あとから生えてきますので大丈夫ですが、脱毛サロンやクリニックでの脱毛はその後に毛が生えてくることはほとんどなくなります。
個人差がありますが、数年経っても毛が生えなくなります。
医療レーザー脱毛では、10年以上経っても脱毛効果が持続する人も少なくないようです。

 
そう考えると、よく考えてビキニラインの脱毛範囲を決めなくてはいけませんね。
せっかく高いお金を支払って脱毛するのだから、できるだけ沢山脱毛したいと欲張ってしまって、後から「もう少し残しておけば良かったかも」なんて後悔してしまうことのないように、じっくり考えて決めましょう。

 
でも、結局は個人の好みの問題です。
スッキリとムダ毛なんて無くしてしまったほうが、面倒がなくてイイ!という人もいるのでしょう。

 
残すも、残さないも、お好み次第ですけど、デリケートなところですからくれぐれも自己処理は注意しましょう。
安易な自己処理はトラブルを引き起こしますので、ダメージの少ない脱毛を選んでくださいね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.