> >

デリケートゾーンのムダ毛処理は慎重に…肌の乾燥と毛穴の雑菌に細心の注意が必要



VIO脱毛

 

Vラインはビキニラインの三角地帯のことです。
小さな下着をつけた時や、ちょっと大胆な水着を選ぶと、「ヤバい」ってなることもありますね。

 
Iラインは股の間の女性器の両側の部分です。
粘膜を含む部分にも毛が生えていて、自分ではなかなか確認できないし、自己処理が難しい部分です。

 

 

Oラインは肛門周りのこと

自分で脱毛するのは、まず無理なところですね。
清潔を保つためには、脱毛した方が良いという認識で行う方やTバックショーツなど大胆な下着をカッコよく履きこなしたい方に人気の脱毛です。

 
自己処理の難しいIラインとOラインの脱毛は、プロの手に任せるのが安心ですが、Vラインなら、自分でも脱毛可能ですから選択肢がかなり多くなります。

 
水着を着る季節になると、とりあえずビキニラインの脱毛をはじめるのにどんな方法を選ぶ人が多いのかと言えば、やっぱりカミソリで手っ取り早く処理してしまう方法でしょう。
ビキニのデザインに合わせて、直ぐに処理できるので、一時的な処理としてはこれに勝るものはありません。

 

 

デリケートゾーンの自己処理は丁寧に

でも、気をつけなくてはいけないのは、Vラインは思った以上にデリケートな部分であるということ。いつもやさしい素材の下着の中に隠されていて、外部からの刺激を受けることなく過保護にされてきた部分なのに、いきなり鋭い刃先でジョリッとされてしまうと、肌を傷つけてしまうんです。
肌の表面には、保護をするためのバリアがありますが、カミソリで剃るとそのバリアも一気に剥がされてしまいます。

 
その場しのぎの自己処理をしたせいで、ボロボロに肌荒れしてしまったら大変です。
デリケートな部分なので、肌荒れを起こしやすいということを忘れないようにしなくてはいけません。
一度ひどく荒れてしまった経験のある人なら、つらさはわかると思います。
荒れてヒリヒリしたり、かゆみが生じてしまうと、そのあとのお手入れも難しくなってしまいます。

 

 

毛抜き処理には雑菌に注意!

毛抜きで抜く方法も、自己処理の方法としてまだまだ残っていますよね。
カミソリで剃るだけでは、アンダーヘアの濃い人は黒いプツプツが残って見えるので、毛抜きで抜いてしまいます。
これも、かなり危険な方法なんです。
毛抜きで抜いた毛穴は、ぽっかりと口を開いた状態なので、細菌が入りやすくて、とても無防備になっています。
清潔にしていても、一日何回も洗える部分ではないため、細菌が繁殖しやすくて危険なんです。

 
後に生えてくる毛が、皮膚の下に入り込む埋没毛になってしまうと、皮膚を傷つけて毛を抜かなくてはいけなくなるので、後あとのことを考えても、毛抜きによるムダ毛処理はカミソリ同様に危険が伴います。

 
Vラインの脱毛は、自己処理が可能ですが、気をつけないとトラブルのもとになることを忘れないようにしたいものです。
その場しのぎで手っ取り早い方法は、それだけリスクも高いわけです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.