> >

Vラインに最適な自己処理方法とメリットデメリット。脱毛クリームは不向きです



脱毛

 

ビキニラインの脱毛は、待ったナシの状態の時があります。
急にプールや海に誘われてしまったから、素早く脱毛しなくちゃいけないとか、そんな時はどうしたらいいのか?

そんな時に安全に自己処理する方法を知っておくことも大切です。
そして、どうしても脱毛サロンなどでビキニラインを脱毛することに抵抗を感じてしまう人は、自己処理に頼るしかありません。

自宅で処理する方法のメリットとデメリットをあげてみました。

 

 

カミソリで剃る方法

どこでも手に入るカミソリによるムダ毛処理は、緊急には向いています。
今のカミソリは、皮膚を切らないように安全な刃になっているので、誰でも安全に使うことができます。
メリットとしては、比較的剃り残しがないので、キレイに仕上がることでしょう。
その時に好きなカタチに整えられます。

 

肌の保護をお忘れなく

デメリットとしては、カミソリで肌の表面にダメージを与えてしまうことです。
それによって、赤く炎症を起こしてしまったり、かぶれてかゆみを発してしまうなど、トラブルが起こりやすいです。
便利な方法ですが、処理した後のアフターケアも忘れてはいけません。
修復、保護機能のあるクリームを塗って炎症を起こさないように気をつけましょう。

 

 

電気シェーバーによる処理方法

電気シェーバーは、カミソリよりも肌を傷める可能性が低く、短時間で処理できるので自己処理の中では安全な方法と言えます。
機種によって、機能に差がありますが、刃をつけ替えることで細かい部分の脱毛も可能になる便利なものもあります。
繰り返し使っても、肌を傷める心配が少ないので、デリケートな肌質の人にはおすすめです。

 

剃り残しが欠点です

デメリットとしては、カミソリに比べてムダ毛が根元からしっかり剃れないので、短いムダ毛が残ってしまいます。
ブツブツとした毛が残るので、よく見るとわかってしまうのが欠点です。
それがイヤで、短い毛を毛抜きで抜いてしまったら、肌のダメージは大きくなってしまうので、
キレイなツルツル肌を希望する方には向かない方法でしょう。

 

 

熱線タイプのトリマーによる処理方法

電気シェーバーとは違い、熱線によって毛をカットするタイプのトリマーは毛先が丸くなるのでチクチクしません。
伸びてくるムダ毛が痛くないので、デリケートなVラインの脱毛には向いている部分もあります。
カミソリのように、肌を傷つける心配がないので、比較的安全な方法です。

 

時間がかかります

デメリットとしては、手足のムダ毛に比べて、太くて濃いアンダーヘアに使用する場合は、少々時間が長くかかります。
また、多少はムダ毛が残ってしまいます。
繰り返し使うことで、キレイに仕上がるようですが、緊急には少し頼りないのかも知れません。

 

 

脱毛クリーム・除毛クリームによる処理方法

手足ムダ毛など、範囲の広いムダ毛の処理に使用する人がいるのですが、これはVラインには向きません。
脱毛クリームは、強い薬剤によってムダ毛を溶かすような作用があります。
それが非常に刺激が強いので、肌荒れの原因になってしまうんです。
手足の脱毛でも、肌荒れ起こすのですから、デリケートなVラインには不向きです。

 

部位によっては効果に満足できないかも

太くて濃い毛は、脱毛クリームでは処理しにくいです。
徐々にムダ毛を少なくするタイプの抑毛クリームもありますが、これも時間がかかる割には効果が期待できません。
脱毛クリームでVラインの処理をするのは、メリットはほとんど見つからない処理方法のようです。

 

 

脱毛ワックスによる処理方法

ワックスを塗り、時間をおいて一気に剥がして毛を抜く脱毛ワックスは、一時的な脱毛として長年人気があります。
エステサロンでも、行っている施術法です。
緊急の脱毛には、仕上がりもキレイですし広範囲の脱毛も1回で可能になるので便利と言えば便利です。

 

痛みが強い!

しかし、これもVラインの脱毛には向かないでしょう。
これは、1本1本毛抜きで抜くのと何ら変わりがありません。
それどころか、強い接着性のあるワックスを使用することで、ムダ毛と一緒に肌の表面のバリア部分まで剥がし取ります。
しかも、痛みが伴うのですから止めた方が賢明でしょう。
比較的痛みに強い手足ではなく、非常にデリケートなVラインなのですから。

 

 

部位によって最適な脱毛を選んで

Vラインの自己処理方法として、主なものをあげてみました。
メリットとデメリットがあるので、リスクを考えて安全な方法を選ぶようにしましょう。
夏の間の数回程度の脱毛なら、それほど心配することもありませんが、ずっと続けるとなるとダメージが心配です。
皮膚炎など、深刻なトラブルになった場合に治療が難しいところです。
どうしても、自己処理を続けなければいけない場合は、保護するクリームなど、お手入れは欠かさないようにしましょう。

 
もしも一度でも、かゆみや炎症などを起こした場合は、直ぐに脱毛を中止して炎症を重症化させないように処置しましょう。
冷やすことが最優先、そして保湿をしてケアをします。
ドラッグストアでは、皮膚炎用の軟膏も多数販売されていますが、デリケートなところに使用できる刺激のないものを選びましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.