> >

ビキニラインのムダ毛処理!自己処理するならおすすめは



Vライン

「デリケートな部分だからどうしても自分で処理をしたい」、
「エステでそこを他人に見られるなんて絶対にイヤ」

自宅でビキニラインのムダ毛処理を試みる方も多いはずです。

彼氏とのお泊まりに向けて、カワイイ下着を購入したのに、はいてみたら、横からムダ毛がはみ出して・・・

そんな姿を見られることだけは、絶対に回避したいと考えるのは当然です。

普段エステやクリニックで脱毛をしている方でも、緊急に自分でなんとか処理をしたい、というケースもあると思います。

そこで、今回は、「ビキニラインのムダ毛を自己処理をするのにベストな方法は?」というテーマについて、考えてみようと思います。

ぜひ目を通してみてくださいね!


一番手軽な方法は!カミソリのビキニラインの自己処理

おそらく、一番ポピュラーかつ、ダメージが少ない処理方法は、カミソリによるムダ毛処理です。雑菌の侵入を防ぐため、お風呂での処理は避け、よく切れる清潔な歯を使って、ケアしましょう。乾燥対策のため、お手入れの後は、ローション、乳液で保湿をするのをお忘れなく。

毛の根元から処理をしようと、お肌に歯を強く押し付けるのは絶対NG!

毛流れにそって、ゆっくり、処理をすすめてください。


ダメージが少なく手軽!電気シェーバーによる自己処理

「少しくらいならコストをかけてもOK」という方なら、専用の電気シェーバーを購入して自己処理するのがおすすめ。お肌の表面を滑らせるようになぞるだけで、手軽に脱毛が完了します。

電気シェーバーで処理する場合も、かゆみや赤み、肌トラブルを回避するため、アフターケアは必須です。「デリケートゾーンはトラブルを起こしやすい部位」という意識を持ち、ケアを怠らないようにしてください。

 

除毛クリームを使う

塗るだけなので手軽で、カミソリや毛抜きよりは肌に優しいです。それでも、どうしても肌へのダメージがあるのと、肌に合わないものを使うとかぶれてしまうことがあります。
また、持ちが悪いのでまたすぐに生えてきますし、Vラインの毛は太くて硬いので除毛クリームではあまり効果がないことがあります。また、粘膜部分には付着しないように気をつけます。

 

ヒートカッターで切る

熱線でアンダーヘアをカットします、様々な種類が販売されています。普通のハサミで切ると毛先がチクチクとしますが、ヒートカッターで切る場合は切断面が丸くなるのでチクチクしません。
何より肌負担がかからないのが一番のメリットと言えます。


脱毛効果は長続きするけど毛抜きの処理は避けた方が無難

しっかり毛根から処理したい、と毛抜きで処理を試みる方、時々いるようですが、痛い割にトラブルが多く、お肌に優しい処理方法とは言えないので、あまりおすすめできません。

無理に毛を引き抜くと、色素沈着、化膿、赤みの原因にもなります。

繰り返し処理をすることで、ダメージが蓄積すると、皮膚科のお世話にならなくてはいけないケースも。

何かあってからでは遅いので、トラブル回避の意味も込めて、やめておくのが無難でしょう。

以上、自宅での処理方法をざっと紹介してきましたが、いかがでしょうか。

  
まとめると、一番おすすめなのは、電気シェーバーですが、本音を言えばVラインのムダ毛の自己処理は全部おすすめできません。

ビキニラインの自己処理にはリスクがある

デリケートな部分なので、肌はちょっとしたことでダメージを受けてしまいます。
カミソリで剃ったりすると、カミソリ負けをして出血してしまったり、毛抜きで抜いたときにも毛穴から出血するなんてトラブルもよくあることです。
さらに自己処理後に毛が生えてくるときに、毛嚢炎という白いニキビのようなものが出来てしまったり、皮膚の中に毛が埋もれてしまう埋没毛になるときもあります。
このようなトラブルがたくさん起こるデリケートな部分なのです。

ビキニラインはデリケートな部分だからこそ、脱毛サロンやクリニックで処理してもらうのが一番なのです。

 

自己処理以外のビキニライン脱毛方法

レーザー脱毛

美容皮膚科など医療機関で受けることができる脱毛方法です。いわゆる「永久脱毛」が可能です。Vラインなどのデリケートゾーンの場合、毛が太いので痛みが強くなりやすく、費用がかかるのが難点です。
2~3ヶ月に1度ずつのペースで、3回~6回程度で充分な脱毛効果を感じることができます。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)

脱毛サロンで行っている脱毛方法です、皮膚へのダメージが少なく、レーザーより痛みが少ないです。レーザーに比較すると、毛が再生しやすかったり、回数が多く必要となります。その分費用は安いです。

 
やはり一番のおすすめは医療機関もしくは脱毛サロンを使うことです。Vラインなどデリケートゾーンの毛を自身で処理すると、何度もお手入れしなくてはなりませんし、その度に肌を傷つけてしまいます。レーザーは痛みが強いという声も多いので、痛いのが苦手という人にはまず脱毛サロンに行ってみるのがいいでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.