> >

セレブに人気!水着の時期までには考えたいVライン脱毛とは



エステで痩身

春の日差しを感じ始めたら、水着の季節はもうすぐそこまで来ています!

自信を持って、ビーチや海に出かけることができる体制、整っているでしょうか。

脇はしっかり処理をしていても、以外と忘れがちなのが「Vライン」のムダ毛処理。

ビキニラインの処理は、海外セレブの間では、当たり前、という噂です。どおりで、海外の女優さん、お嬢様方、皆様きわどい水着を着ていらっしゃるのね・・・

と感じたのは、また別のお話。

セレブに負けじ!とまでは言わないまでも、今年の夏は、ビーチで主役の座を勝ち取るため、Vライン脱毛とは?どうやって脱毛すればいいの?

基礎知識を今一度、おさらいしておきましょう。


まずは基礎知識をおさらい!Vラインってどこの部分?

一般的には、下腹部から股の部分、極端にハイレグでないタイプの水着を着たときに、隠れる部分を「ビキニライン」呼ぶようです。

脱毛エステ、クリニックによって定義は様々なので、プロに脱毛をお願いするときには、範囲について確認が必要です。

水着で隠れる部分、とは言っても、足の間、陰裂の両側は、「Iライン」、お尻のあたり、肛門周りの毛は「Oライン」と、細かくは別の部位になります。


キレイに処理をしたい!Vライン脱毛はセルフケアでも大丈夫?

Vラインをきれいに処理したいとは思っても、恥ずかしさや照れがあり、自分でケアを!と考える方、多いと思います。

同性、とは言っても、エステやクリニックのお姉さんに、きわどい部分を見せるのはなかなか抵抗があるものです。

家庭用脱毛器を利用したり、お肌に優しい電気シェーバーを使えば、自分でもそれなりにキレイにケアが可能です。

しかし、カミソリや毛抜きで自己処理を続けていると、肌の表面が傷ついて、ブツブツになったり、ザラザラという手触りになったりという経験があるかと思います。

ときには肌が炎症を起こすトラブルにまで発展することもあります。
カミソリを使用すると、黒ずみなどの色素沈着が起こってしまうのもよくあることです。
そうならないように毛抜きを使っている人も、毛が生えてくるときに毛嚢炎というニキビのような白い吹き出物が出来てしまったり、埋没毛といって、肌の中に毛が埋まったまま伸びてしまっているということも起こった人が多いのが現実です。

自己処理をしていると、どのような方法であれ、このような肌トラブルになってしまうこともあるのです。

ですので、セルフケアが可能、とは言っても、デリケートで敏感な部分だからこそ、プロにお願いしたほうが、仕上がりがキレイ、かつ脱毛効果も長持ちする、と、考えて頂くのがいいかと思います。

 

Vライン脱毛はサロンでツルツルに

脱毛サロンに通うと、肌トラブルの心配もなく、肌への負担が減り、さらに美肌効果があって健康的に綺麗な肌を手に入れることができるのです。
とても嬉しいメリットばかりです。

特にVラインは肌がデリケートな場所なので、自己処理は危険です。

黒ずみなどの色素沈着になりやすい場所なので、脱毛サロンで処理してもらうのが一番だと言えるでしょう。

脱毛することによって普段のお手入れをする手間が省け、自己処理をしないので肌トラブルも起きず、より美肌になったと実感する人もたくさんいます。
いままで行っていた自己処理がいかに肌にダメージを与えていたか、実感する人も少なくないでしょう。

特にVラインは自分で処理するのが難しい場所です。
肌が傷つきやすく、ダメージを受けやすい部位なので、プロに脱毛してもらって脱毛が完了すると、肌がキレイになって、毛も生えにくくなったと実感する人がたくさんいます。

 

脱毛によってVラインが清潔に保てる

Vラインでは毛が生えてこない状態になると、性器周辺を清潔に保つことができるというメリットもあります。

毛が多いと常に湿っていて、菌が繁殖しやすい状態になっているので、ムダ毛を処理することにより、そのような状態をなくすことができます。
特に生理時には匂いが気になっていた人も、脱毛することによって、悩みが解消されます。
Vラインにたくさんの毛があると、性病などの感染トラブルが起こったり、ムダ毛によって相手の性器を傷つけてしまって血液感染が起こることもあります。
また毛を媒体にして感染するケジラミなのどの感染の不安も取り除くことができます。
Vラインの脱毛をして清潔に保つことによって、生理時の不快感や性病の感染を防ぐということもメリットの一つとして言えるでしょう。

なので、下着や水着からムダ毛がはみ出るのを気にして脱毛するというだけでなく、パートナーのためにVラインの毛を処理するという人も増えているくらいです。
どこを見られても恥ずかしくなく、清潔な状態を保つためのエチケットとして考えている人も増えているようです。

 

Vライン脱毛を受けるサロン選び 3つのポイント

1、Vラインのリスクや注意点を事前にしっかり伝えてくれるか?

Vラインの脱毛はとてもデリケートな部分の脱毛なので、肌へのダメージもかかってきます。
もちろん施術自体は安全に行ってもらえるので安心できますが、万が一、肌トラブルが起こる可能性がある場合はどのようなトラブルが起こるのか。
また、脱毛の前後の注意点などをしっかりと事前に説明してくれるかどうかは大事なポイントになってきます。

 

2、スタッフの対応はどうか?

Vラインの脱毛は恥ずかしいという思いを持ちながらのぞむ人が大半です。
その恥ずかしいという気持ちを解き放つ為には、スタッフさんの気遣いや声かけが重要になってきます。

脱毛サロンのスタッフさんは、今までに何人ものVラインの脱毛をしているので手馴れているかもしれません。
しかし、脱毛してもらうこちら側としては、明るい照明の下で、全然知らない人に恥ずかしい部分を見せるということにかなりの抵抗があります。
そういう気持ちをしっかりと理解して、配慮ができるスタッフが揃っているか、脱毛サロン自体の雰囲気がどうかというのも重要なポイントです。

施術の度にスタッフが変わったり、施術中に世間話が絶えないというデリカシーのないスタッフがいるサロンは、
脱毛自体に何の不満がなくても、最終的に気分のいいものではなくなってしまいます。
デリケートな部分だからこそ、心理的なフォローもできるようなスタッフが揃っている脱毛サロンがいいかと思います。

 

3、追加の施術は可能か?期間の延長は可能か?

Vラインの脱毛はデリケートは部分なので、肌へダメージを与えないように出力を落として施術する脱毛サロンがほとんどです。
なので、その分、通う回数は多くなってしまいます。
規定の回数が終了して、もしまたその後に毛が生えてきてしまった場合に追加で脱毛してもらえるかどうか、しっかりと確認しておきましょう。

また、生理がかさなって思うように施術が進まなくて、申し込みをした期間が終了してしまった場合に、期間を伸ばしてもらうことは可能なのか確認しておくといいでしょう。

他にも、色々な保証がついているところだと、安心して申し込みをすることができます。

 

Ⅴライン脱毛が格安でできる時代です

Vライン脱毛は今とても人気のある脱毛です。デリケートゾーンということで料金が高そうなイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

どこのサロンでもというわけにはいきませんが、一部の脱毛サロンではこのVライン脱毛が驚くほど格安でできるんです。

 

Vラインの位置を確認

Vラインというと、多くのサロンではVラインサイドとVライン上部、トライアングルのように3つに分かれています。

Vラインすべてと、I・Oラインを含めるとハイジニーナ脱毛になります。

ハイジニーナ脱毛は日本人にはまだまだ馴染みが薄いかもしれませんが、欧米ではデリケートゾーンの毛を処理するのはごく普通の習慣であると言えます。
女性だけではなく男性も、エチケットとしてデリケートゾーンの処理をすることがあるそうなんですよ。

その影響もあってか、日本にもそのハイジニーナ脱毛が浸透しつつあるのです。

 

範囲が狭いのに脱毛効果が大きいのもVラインの特徴

そしてVライン脱毛が格安のキャンペーンに使われる理由のもう1つに、比較的狭い範囲であることが言えます。

ワキ脱毛が格安キャンペーンに含まれるのも、同じような理由があるんです。
Vラインもサイドだけなら5分程度で終わってしまうので、格安のキャンペーンにもってこいというわけなんです。

その料金はもちろんサロンによってさまざまですが、数千円で通い放題なんてとこもあるんです。

例えばミュゼプラチナムではVライン脱毛の完了コースが通常料金3600円で受けることができます。

キャンペーン中だともっと安くできる場合もあるので大変お得です。
もちろん行っているのはミュゼだけではないので、Vライン脱毛を考えている人はぜひ格安のキャンペーンを狙ってみてくださいね。

 

ミュゼプラチナムの今月のキャンペーンをチェックする
http://musee-pla.com/

 

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.