> >

Vラインを脱毛するなら?レーザー脱毛VSフラッシュ脱毛徹底比較



Vライン
ビキニラインを美しく処理したいと考えるなら、プロにお願いするのが鉄板。

主要な脱毛方法「レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」、どちらを選択すればいいのか、それぞれのメリット、デメリットを比較してみました。

これからVライン脱毛を考えている方、ぜひ参考にしてみてくださいね。


Vラインレーザー脱毛のメリット・デメリット

まず、レーザー脱毛ですが、メリットは、何と言っても、高い脱毛効果が期待できること、永久脱毛が可能なのは、クリニックのレーザー脱毛だけです。

また、デリケートな部分なので、万が一のことがあった時のことを考えたら、医療機関ならば安心。医師が近くについていてくれる、というだけで、不安なく、脱毛の施術を受けられます。

デメリットはというと、脱毛時の痛みが強いことと、1回1回の施術時間が長いこと。

とくに、Vラインは、脱毛時の痛みを強く感じやすい部位ではあるので、レーザー脱毛に挑戦したけど、痛くて耐えられず、という声も結構聞きます。

しかし、レーザー脱毛は、医療機関で行った場合は麻酔を使ってもらえるところもあります。
効果はフラッシュ脱毛よりもこちらの方が高いので、痛みには弱いがどうしてもしたい場合は麻酔を使うのもありかもしれないですね。

Vラインフラッシュ脱毛のメリット・デメリット

その点、エステのフラッシュ脱毛なら、やや痛みはマイルド、と言われています。

ただ、個人的な体験から言えば、フラッシュ脱毛であっても、「全く痛みが気になりません」と言うわけではなく、やっぱり最初は結構痛い!

フラッシュ脱毛でこれだけ痛いのだから、レーザー脱毛だったら、それこそ耐えられない位の痛みなのかも、とも思います。

他、フラッシュ脱毛のメリットとしては、レーザー脱毛より、コストが安いです。

「VIO」と3部位セットでキャンペーンを行っているところも多いので、キャンペーン期間をねらって脱毛すると、驚くくらいのお値段で脱毛が可能です。

デメリットですが、レーザー脱毛よりも、脱毛持続性、脱毛効果は劣ります。

しかし、

フラッシュ脱毛は「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」と効果は3つの中で一番弱いのですが、その反面お肌への負担は最小限に抑えることができます。
効果の点でも、回数を重ねることで必ず実感できるのでマイナス面は少ないと言えます。

さらにエステサロンでの脱毛は保湿効果の面から見てもおすすめできる脱毛方法です。
Vラインはショーツが当たる部分で大変乾燥しやすい部分です。

脱毛には保湿が不可欠なので自宅での保湿も大事ですが、サロンでも保湿に力を入れているというところが多いのです。

このように保湿しながら脱毛ができるので、毛がなくなるだけでなく白く美しいお肌も目指せるというわけなんです。

このような点から考えても、やはりVライン脱毛にはフラッシュ脱毛が最適と言えるのではないでしょうか。

その人のニーズや状態によっては、ニードル脱毛やレーザー脱毛が最適な場合もあるかもしれません。

例えば白髪など色素の薄い人はフラッシュ脱毛では反応しないので、毛色に左右されないニードル脱毛が最適です。

しかし多くの人に多くの人に無難におすすめできるのはフラッシュ脱毛なのです。


クリニックとエステ Vライン脱毛を行う施設にまよったら?

それぞれ、メリットとデメリットについて説明してきましたが、結局のところ「自分の通いやすい施設を探す」というのが一番だと思います。

プロに脱毛をお願いするため、自分で処理するよりは、どちらで脱毛してもそれなりにキレイな仕上がりは期待できます。

だったら、よりストレスなく通える、自分の心理的な負担が少ない施設、を選ぶのがいいでしょう。

クリニック、となると、美容整形をするような印象で、通うのに気構えしてしまう方も多いはず。相手がエステのお姉さん、となれば、少しは気楽かとも思います。

いずれにしても、きれいな毛がない状態まで仕上げるには、何ヶ月間か継続して、脱毛を続ける必要があります。

水着の季節本番、となってからあわてても、残念ながら間に合いません。

水着をばっちり着こなす完璧なお肌は、計画的に、仕上げるもの、そう心得て、今すぐにでも、自分にあったVライン脱毛施設を探してみてはいかがでしょうか。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Vライン脱毛

Comments are closed.