> >

腕のムダ毛はワックスでの処理が簡単!ワックス脱毛の手順とコツ



自己処理トラブル
夏になってくると半そでになる分、慌てて処理をすることになってしまうのが腕のむだ毛ではないでしょうか。

手軽に剃る方法もありますが、肌荒れを起こす可能性が高いのでしっかりと脱毛をしたほうが良い場所でもあります。

かといって脱毛サロンだと予約がとりにくいし、人によっては更に毛が濃くなってしまう場合もまれにあるようです。

なのでワックスなどを使って安く手軽に脱毛するという方法もありますよね。
ワックスだと数千円での脱毛が可能になります。

 

ワックス脱毛のやり方

ブラジリアンワックスなどを使うと便利です。
中でもアンジェリカワックスは人気があるようですね。

ワックスでの脱毛は(今回はアンジェリカワックスでの場合です)

まずワックスを暖めます。
容器ごと湯煎にかけると便利です。

目安は蜂蜜ぐらいの感じにすること。

そして腕に塗っていきます。

塗る範囲は付属の布より小さくしてください。
棒アイスの棒とかカップアイスの木のスプーンとかを使うと塗りやすいですよ。

その後、付属の布を当てます。
しっかり押えてから毛の生えている流れと反対にはがしていきます。

 

ワックス脱毛のコツ

ちょっとコツがいるかもしれません。
痛いと思うと躊躇してしまうし、そうなるときれいにはがれないからです。
コツはしっかりと布を当てて上から押えて布にワックスがしっかりとくっつくようにしましょう。
そしてはがす方向も確認したら、はがす直前に一呼吸して一気に!という流れでやってみて下さい。
痛みに関する心配ですが、はがし終わった直後にすぐに手を当てて押えるようにするとそれほど痛みを感じることもないでしょう。

ブラジリアンワックスは実際に体験してみるとわかると思いますが、思ったより痛くはありません。
ワックスの丁度良い固さも何回か使っていくうちにコツをつかんでいくと思います。

脱毛時は髪がワックスにつかないように束ねたり、シャワーキャップなどをかぶったりするのもいいですよね。

もし、夏場に脱毛する時に汗をかいていると抜けにくくなるので、ベビーパウダーなどを使ってさらさらにしておくと抜けやすくなります。

後は脱毛している時にワックスの端が腕について残ってしまったという場合でも、今回ご紹介しているアンジェリカワックスの場合は水溶性のワックスなので、後でやさしく洗い流してあげてください。

ワックスで腕を脱毛すると1ヶ月ぐらいでまた生えてくるという感じです。

 

サロンなどでの脱毛時にはワックスはお休みして

ここで注意しておきたいのは、もし脱毛サロンやレーザー脱毛を始める場合には併用しない事です。

光脱毛やレーザーの場合、生えてきている毛に照射をして毛根の働きを抑えるようにしています。
抜いてしまうと照射しても意味がないからです。
なので脱毛に通う場合にはワックスはお休みするようにして下さい。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.