> >

ムダ毛の処理後に痒みが…肌乾燥を防ぐシャワーの浴び方3つのポイント



ミュゼプラチナム銀座店
腕の毛をなんとかしたい!と言うと様々な処理方法が思い浮かびます。例えばカミソリで剃るですとか、脱毛テープやワックス、脱毛クリーム、脱毛サロンや美容成形外科医療用レーザーを受けるなど……やり方は色々ありますが、基本的にはムダ毛の処理をするという行為自体、お肌が乾燥してしまう場合がほとんどです。

もちろん個人差があるので、あまり変わらないという人もいれば、乾燥して肌がかゆくなってしまったり、肌が赤くなってしまったりする人もいます。こういった症状はすべてムダ毛処理をする事によってお肌にダメージを与えているためなのです。

 

肌の保湿状態はシャワーひとつでも大きく変わる!

ところが何も感じないという人ですらしっかりと水分レベルを調べると、処理をする前より処理をした後のお肌の水分レベルは下がってしまっている状態です。

よく脱毛などについてネットなどで調べるとたっぷりと保湿をする事と記述している場合が多いのですが、本当にそれだけでいいのだろうか、と疑問に思ったことはありませんか?
保湿をする前に、どのようにシャワーをしているかも保湿をする上で重要な鍵となっている事は意外と知られていないのではないのでしょうか。

 

肌の乾燥状態がわかる簡単な方法

では、あなたの肌が今現在どの程度乾燥しているのかを簡単にチェックすることから始めてみましょう。
小さい範囲でいいので、腕か足を爪でひっかいてみましょう。もし白い跡が残るようでしたらあなたのお肌は乾燥していて、もっと水分が必要という状態です。

ではシャワーを浴びる際に大事な事とは何でしょうか。

 

1. シャワーは10分以内に出る

熱いシャワーは本当に癒されます。一日の疲れをシャワーに入って流してしまおうと長めにシャワーを浴びる人も多いのではないでしょうか。しかしながら、熱いシャワーを長く浴びる事は、お肌を守るのに必要な油分まで流してしまいます。シャワーの温度は少しぬるいくらいに抑えて、シャワーは早めに切り上げましょう。特に冬場は汗の量も少ないので理想でいうと一日おきくらいにシャワーを浴びる方が本来ならお肌には良いと言えるでしょう。

 

2. ボディソープは脂性の成分が配合されたものを

DOVEなど、脂性の成分が配合されたソープやせっけんは少し油っぽい使用感があると感じる人もいるようですが、そういった種類のせっけんはお肌に膜を張り、必要な水分をお肌にキープする働きがあります。逆に香りが強いソープはものによっては強すぎてお肌の水分を奪ってしまう場合もあります。ボディソープを買う前に、どんな成分が入っているのかチェックしてみるといいでしょう。

 

3. シャワーを出たらすぐに保湿!

シャワーから出たら、基本3分以内に保湿しましょう。そうする事によってお肌に水分を閉じ込める事ができます。なお乾燥しがちな冬のシーズンは’重めの’保湿を使った方が乾燥が避けられるでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.