> >

肌にやさしい!天然ハーブや自然の素材で腕のムダ毛を処理する方法




腕のムダ毛が気になって仕方ない……カミソリで剃ってもすぐまた生えてくるし、カミソリ負けで肌が赤くなるし、ワックスも痛すぎて定期的にやるのはちょっと……かと言って、レーザーも痛いし…しかも料金も高い。
なんてお悩みの人も少なくないのではないでしょうか。

昨今は雑誌やさまざまなメディアでも脱毛サロンなども取り上げられていますが、上記のように体質や肌質の問題でそのような処理方法が不可能・または苦痛、もしくはお仕事の都合でなかなか通えない、家が田舎で近くにそのような施設がない……

それだけがムダ毛処理の方法だと思っていませんか?色んな事情で世間一般の脱毛ができないというあなたに是非試して頂きたいのが、自分でも簡単にできるお肌に優しい天然ハーブ脱毛です。

 

ムダ毛の量は男性ホルモンに左右される

そもそも過剰な毛の生成は、思春期である18歳ごろから盛んになり、45歳くらいまでは続きます。これは何故かと言いますと、血中の男性ホルモンの増加に伴う変化のひとつに当たります。女性であっても、男性ホルモンは分泌されるのですが、過剰に生成された場合、不妊症や卵巣の疾患、多毛につながる事があります。

カミソリで剃ったり、ワックスやブリーチを使用することなどが、一時しのぎのムダ毛処理である一方、ナチュラルなムダ毛の処理の方法もあります。一生ムダ毛から解放されるという趣旨のものではありませんが、ムダ毛の生成を抑える事は可能です。

 

男性ホルモンを減らす飲み物・食べ物

スペアミントティーを一日二回飲むことで男性ホルモンの値を落とすことが出来ます。また、グラムフラワー(ひよこ豆を轢いたもの・インドなどで食される)や、チーズの一種であるカード、ひとつまみのターメリックパウダーも男性ホルモンを下げる働きがあります。

 

レモンとハチミツを使ってムダ毛を減らす方法

また、実際の毛の量を減らす効果的な処理方法としてお勧めな方法が、レモンとハチミツを使った方法です。
40mlのハチミツと、新鮮な10mlのレモンジュースを用意します。出来ればお店で購入したものより、処理直前に絞ったフレッシュなものが望ましいです。

このハチミツとレモン汁を混ぜます。混ぜ終わったら、綿棒をハチミツレモンに浸し、毛の生える方向に沿って、綿棒を腕などムダ毛が気になる部分に軽く擦りつけるように塗って行きます。15分ほど放置して、後は洗い流すだけです。
これを週に2回、二週間行ってください。

とてもマイルドな方法なので、お肌が弱い人にも試して頂けますし、処理が終わった後もお肌もツルツルになります。是非騙された思ってやってみて下さい。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 腕脱毛

Comments are closed.