> >

カミソリでのムダ毛処理は肌をけずることに?誤った自己処理が色素沈着を招く



脱毛エステ

 

ムダ毛処理をする時にシェービングをして処理したという人も多いと思います。
カミソリなどで剃るだけということで時間もかかりません。
便利なのですが、このシェービングによる処理は刺激が強すぎるかもしれません。

 

 

肌表面が削れている??

肌への負担も大きいので剃るという方法は避けたほうが良いということになるのです。
なぜかというと剃った後にヒリヒリするような感覚になったことはありませんか?
これはカミソリ負けとも言われていますが、カミソリで剃る時に毛をカットするだけでなく、肌の表面の部分も一緒に薄ーくカットしてしまっているような感じになります。
当然、肌の表面が傷ついてしまうということです。

 

カミソリ除毛を続けるとどうなる?

そのダメージが薄いとカサカサするぐらいですむのですが、何回もカミソリを走らせたり、力が入り気味で剃ることで深めに肌のダメージが行ってしまうのです。
ヒリヒリして痛い感覚になりますし、赤くなってしまう人もいます。

 
これだけで治まれば良いのですが、条件によっては更に悪化してしまう人もいるのです。
シェービングをした部分はダメージもあり、デリケートな状態になっています。
その肌にばい菌などの影響があると肌の炎症を起こしてしまうという事になるのです。

 

 

シェービングクリームをつければカミソリでも大丈夫?

そのままカミソリでそるのはもちろん絶対にしないようにして下さい。
かといってシェービングフォームやクリームなどを使ってシェービングすれば良いのかというとそうでもありません。
シェービングクリームやフォームを使って剃っても肌のダメージは普通にあります。
ましてお風呂に入っているついでにシェービングをしようとするのも絶対にしないほうが良いです。
肌の水分が多くなっている柔らかい時にカミソリで剃ると肌へのダメージが出やすいです。

 
また、ばい菌の影響も受けやすくなるのでお風呂以外のタイミングでシェービングフォームなどを使うようにして剃ります。
でもよく脇などをしょっちゅう剃っている人などでよく見かけるのがカミソリからの刺激で色素沈着が起きてしまって黒ずんだ脇になってしまっているのです。
なのであまりシェービングはしないようにしたほうが良いのです。

 

毛抜きはだめ!ムダ毛がかえって目立つ「埋没毛」

毛抜などで太いムダ毛を抜いたときに毛根部分が残ってしまうと、すぐにそこから新しいムダ毛が再生されてきてしまうことになります。そうすると一度閉じてしまった毛穴の中でムダ毛が行き場を失ってしまい、毛穴の中でトグロを巻いてしまうことになります。

そうすると毛穴の内部からムダ毛が皮膚の表面を押上げてしまうために、毛穴の部分がポッコリと盛り上がってしまうことになります。これではムダ毛の処理をする前より毛穴が目立ってしまうのも無理がありません。

 

毛抜きで根本的な脱毛は不可能!

このようなことを防ぐためにはムダ毛を抜くときに、毛根部分と起毛筋(きもうきん)と呼ばれる筋肉組織をムダ毛ごと取り除いてしまうことが必要になりますが、単純に毛抜で抜くだけでは毛根周辺の組織を取り去ることは不可能です。
このために何度も毛抜で抜いて処理していても、一定の期間が経つとムダ毛が再生してきてしまい、これを繰り返していると徐々に毛穴が開いて目立つようになってしまいます。
人間の体の再生能力は思っているよりも強力で、せっかく自分でムダ毛の処理をしたつもりでも、毛根の一部分でも残っているとそこからすぐにムダ毛を再生しようとするんです。

 

毛穴の処理までできるのはエステやクリニックでの脱毛だけ

それでも、ただムダ毛が新しく伸びてくるだけならもう一度処理すれば良いのですが、残った毛根から再生したムダ毛が皮膚の間に入り込み、埋没毛(まいぼつもう)として皮膚の上から見えるようになってしまうと、皮膚科の病院で皮膚の内部にたまった埋没毛を切除して取り除いてもらわなければいけなくなってしまいます。

脱毛専門のエステやクリニックではムダ毛の毛根部分に、直接強力な医療用レーザーや光を当ててムダ毛の元になる部分にダメージを与えたり、毛根周辺の組織に電気を流してムダ毛の再生機能を破壊してしまうので、一度脱毛処理をして毛穴から再びムダ毛が伸びてきてしまうことはありません。

脱毛エステでムダ毛の処理をすると毛穴が目立たなくなるというのは、ムダ毛の元になる毛根部分とその周辺の筋肉組織ごと消滅してしまうために、毛穴が自然にふさがってくるためなんです、脱毛エステに通っているとメイクのノリが良くなったりお肌の肌理(きめ)が整ってくるのはこんな理由があったんですね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.