> >

これが脱毛エステ施術の流れだ!予約・脱毛当日・次回予約までの一部始終



脱毛エステ

 

施術は予約制です。私が通うサロンは、基本的にネットの専用ページで予約を取ります。電話が苦手な私にとってはとてもありがたい制度です。

 

0.無料カウンセリング

多くのサロンでは予約は電話かネットで行うことができます。
しかし注意したいのは、ネットの予約特典があるかもしれないということです。
大手の脱毛サロンでは、ネットから予約した場合のみ、料金の割引があったりするのです。
そういう場合は電話から予約するのはもったいないですよね。
まずはそのような特典があるのかを確認してから予約するようにしましょう。

予約が完了すると、次はカウンセリングに訪れることになります。
カウンセリングでは脱毛について、料金や契約についての説明があります。
大抵の場合は契約を勧められますが、ここで必ず契約しないといけないのかというとそういうわけではありません。
契約しない場合ははっきりとその意志を伝えましょう。

 

1. 施術前日までにシェービングを済ませる

まず、施術当日までに行っておくこととして大切な事が、脱毛部位のシェービングです。永久脱毛の施術は、シェービングした状態で光を照射していきます。施術日前日までに処理をしておくことをお勧めします。当日でも構いませんが、シェービング後の肌は敏感な状態なので、できれば前日までにシェービングを行い保湿もたっぷりした上で肌を落ち着かせた後、脱毛の施術に入るとさらに良い脱毛効果が得られます。くれぐれも毛抜きで処理をしないようにします。毛抜きで毛を抜くと毛周期がくるってしまいますので、絶対に行わないようにしてください。また、脱毛部位は極力日焼けをしないよう心掛けることも大切です。日焼けした肌には施術ができない場合もあるため気を付けましょう。

 

2. 脱毛前に剃り残しがないかを確認

いよいよ永久脱毛当日です。出かける前に、再度脱毛部位のシェービングがきちんと行われているか確認します。剃り残しがあり脱毛サロンで剃ってもらうと、別料金がかかることがあるので剃り残しがないか必ずチェックします。万が一のためにシェーバーを持参します。脱毛サロンではシェーバーの使いまわしは不衛生のため行っていません。自分のシェーバーを持参するか、脱毛サロンで購入することになります。それぞれ脱毛サロンで対応が違いますので、契約前に確認すると良いです。

 

脱毛当日にしてはいけないこと

施術を受けるためには、当日にしてはならない項目がいくつかあります。
まずは、薬の服用です。
そして、制汗剤やボディークリームを塗ること、大量の汗をかくような激しい運動などが主なものです。
これらが守られていなかった場合、施術を断られることがあります。

 

 

妊婦さんも脱毛できません

そして、当たり前のような気もしますが妊娠中の方や授乳中の方は受けることができません。
施術を受けることで何らかの副作用が起こる可能性があるための措置ですので、「分からなければ良いや」といった軽い気持ちでルールを破ると、もしかしたら後で大変な思いをするかもしれません。
そういった話はあまり耳にしませんが、万が一ということも考えられますのでルールはきちんと守りましょう。

 

 

3.脱毛前に着替えを行います

施術を受ける際は、指定の衣服に着替えます。まずは更衣室に通され、毎回着替えについての説明を受けます。
毎回はいらないのでは?とも思いますが、施術の間隔が最低でも2ケ月空くので忘れてしまっても大丈夫という安心感はあります。

 
私は両ワキとVラインを受けているので、紙パンツを着用した上に、ベアトップのガウンを羽織ります。
そして、使い捨てのスリッパに履き替えて施術を受ける個室まで移動します。サロンによっては、施術を受ける個室で着替えもできるところもあるようです。

 

 

4.いよいよ照射タイムです!

では、施術の手順です。

 

照射部位をふき取り、毛の長さをチェックします

まずは、照射箇所の汚れなどを取るために拭き取りをします。
濡れたコットンのようなものでサッと撫でられる感じです。
そして、前日にした剃り残しがないかチェックを受けます。
まったく処理をしていないと施術自体を断られるようですが、多少の剃り残しならスタッフの方が再処理を行ってくれます。

 

ジェルを塗ります

その後、照射箇所に脱毛効果を高める効果があるというジェルを添付します。

 

光を当てます

そしていよいよ光の照射です。
照射回数は、片ワキ10~15回程度、Vラインは片側7~10回程度です。
最初に1回照射した後、「痛みは大丈夫ですか?」と聞かれます。
多少の痛みはつきものだと思いますが、もし手に汗握るほどの痛みを感じた場合はここで伝えると調整してもらえると思います。
問題なければ最後まで照射を受けます。

 

ジェルを取り除き、クールダウン。肌をチェックします

その後、添付していたジェルを拭き取り、冷たく湿ったコットンのようなものを数分間当てて肌のクールダウンをします。
痛みや腫れなどの違和感がないことを確認したら、ローションを塗ってもらい施術終了となります。

 

5. 脱毛後のケア

以上が脱毛サロン当日の施術の流れです。その他の注意点として、施術当日お風呂は湯船につからないようにしシャワーで済ませます。脱毛部位は強くこすったりせず、優しく洗い流します。体を温めてしまうと脱毛部位が痒くなってしまう事があるため、湯船には入りません。脱毛部位が赤くなっていたり、熱をもっているようであれば冷たいタオルや保冷剤などで冷やします。脱毛部位は保湿ローションやミルクなどで保湿するよう心がけます。施術後も日焼けをすると色素沈着のおそれがありため、日焼け止めクリームなどを塗って日焼けしないように生活します。

 

慣れたら美容室よりも気がラクかもしれません

両ワキとVラインだと、実際に施術室にいるのは10分程度だと思います。
その後、更衣室に戻って着替えを済ませ、店舗の外までスタッフの方に見送られて終了です。
サロンに入ってから出てくるまで30分程度と、本当にあっという間です。
どの範囲の施術を受けるかによってかかる時間は変わりますが、化粧品などの商品を勧められるような無駄な時間がないので、ストレスフリー。
すかさず次回の予約を済ませたら、あとは2か月後の施術をのんびり待つだけです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.