> >

ムダ毛処理の一番良い方法はどれ?各処理法のメリット・デメリット



足脱毛
女性の共通の悩みであるムダ毛の処理。中学生頃にワキに毛が生えだすと、プール前には必ず自己処理をしていたものです。ムダ毛の処理にはどのような方法があり、一番良い処理法は何でしょうか。

 

1. 脱色する

まずは毛を切ったり剃ったりせずに、ムダ毛の色を薄くするということで目立たなくするという処理方法が脱色です。皮膚の方面から上に出ている部分の色を薄くして目立たなくする方法です。毛の色を抜くだけなので痛くないですが、毛が生えてくると不自然に見えます。また、かぶれることも多く肌が弱い方は要注意です。

 

2. 除毛剤でムダ毛を溶かす

次に、除毛剤で毛を溶かしてしまう方法です。表面から上に伸びている毛を、薬品によって科学的に分解する方法です。これも痛みがなく、デリケートゾーンを除いたほとんどの部位に使用できます。しかし、処理に時間がかかる割に長持ちせず、薬品にかぶれることも多い処理方法です。

 

3. カミソリやシェーバーで剃る

一番簡単ですぐに処理ができる方法はカミソリやシェーバーで剃るという方法です。表面から伸びている部分を剃ってしまう方法で、すべての部位の処理に適しています。しかし、すぐに毛が生えてきてしまうので効果は長続きしません。また断面が広いために、剃った跡がポツポツと黒く目立ってしまいます。カミソリ負けなど皮膚のトラブルが生じる事もあり、痒みを伴ったり赤くなったりといった症状が起きることもあります。毛を剃ったつもりが必要な角質まで削ってしまうこともあり、肌を傷つけてしまいます。やりすぎると色素沈着を起こす原因にもなり、手軽ですがその分リスクもある処理方法です。

 

4. 毛抜きやワックスで抜く

毛の根本部分から引き抜いてしまう方法は毛抜き、脱毛ワックス、脱毛テープがあります。毛を根元からなくすために効果が長持ちし、きれいに仕上がります。しかし、処理方法によっては痛みが大きいです。途中で毛が切れてしまい、引っ張ってちぎれた時の衝撃で毛穴の中で残った毛が縮み、感染などの原因になることもあります。埋もれ毛の原因にもなってしまいます。

 

最も効果的な方法はプロの手による脱毛

ムダ毛を処理するために、自分で脱色したり、除毛したり、剃ったり、抜いたりするとい方法では満足のいく脱毛効果が得られません。こういった自己処理のストレスや肌のトラブルを改善する一番効果的な方法が、脱毛サロンやクリニックでのプロによって行う永久脱毛です。永久脱毛を行うと、毛が再生することがなくなるため自分で処理する必要がなく、様々な肌のトラブルもなくなります。また、永久脱毛で毛がなくなることで毛穴が締まり、肌に潤いが保たれ、肌がすべすべになるという美肌効果も得られます。自己処理では手が届かない背中やうなじといった部位の脱毛も可能ですし、VIOラインなどのデリケートゾーンの脱毛も可能となります。ムダ毛の解消には一番効果的で安全かつ綺麗な仕上がりになる永久脱毛が適しています。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.