> >

もうひとつのムダ毛対策:”抑毛”に大活躍する大豆イソフラボンとは?



豆腐
肌の露出が増えるこの季節は、いつも以上にムダ毛を気にしなければなりません。

周りの目線を気にすることなく堂々と街を歩いてみたいですよね?
遠慮なくノースリーブやタンクトップを着られるようになりたいですよね?

「元々毛深い体質でケアも大変!」というあなたのために、「抜く」「剃る」「除く」などの脱毛方法だけでない、「抑毛」という考え方を提案したいと思います。

 

女性ホルモンが増えるとムダ毛は減る

ムダ毛の成長をおさえ、細くして抜けやすくなるように、外から内からムダ毛にアプローチしていきましょう。

女性ホルモンを増やしてムダ毛を減らしていきましょう。

人間は、男女問わず男性ホルモンと女性ホルモンを両方持っています。
一般的に男性ホルモンの影響を受けると体毛が濃くなり頭髪が薄くなりやすいと言われています。

反対に女性ホルモンの影響を受けると体毛が薄くなると言われているのです。

ですから、意識的に女性ホルモンを増やす工夫をすることで抑毛効果がもたらされ、体毛を薄くできるということなのです。

 

女性ホルモンの働きを活性化する食べ物

抑毛効果が期待できる代表的なものは、大豆です。

大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンと似たような働きがあると言われていて、体毛を薄くする効果があるとされています。

豆乳や豆腐、納豆などを積極的に摂取していきましょう。

 

過剰摂取は避けたい!男性ホルモンを増やす食べ物

逆に男性ホルモンを増やす食べ物も存在します。

赤みの肉やうなぎや牡蠣などが代表的です。
これらの食品に含まれる亜鉛が男性ホルモンを増やすとされているのでこれらを過剰に摂取しないようにしましょう。

 

食べ物以外でも大豆イソフラボンは効果的!

また、豆乳ローションなどの大豆イソフラボンが含まれたローションを塗ることで外からも抑毛効果をもたらすことができると言われています。

サプリメントなども市販されており、それを摂取するのも手でしょう。

ただし、いずれの方法であっても、過剰摂取は避けるようにしましょう。

大豆イソフラボンは1日あたり70~75mgが上限とされています。
過剰に摂取するとホルモンバランスが崩れ、かえって男性ホルモンの分泌量が増えてしまう可能性があります。

あくまでも適切な量を摂取していくよう注意していきましょう。

 

効果を出すためには継続が必要

どれを行っても一定の効果は期待できます。

1週間、1ヵ月、3ヶ月とつづけていくことで体毛が増えにくい”抑毛体質”をつくりだすことも可能でしょう。

当然ながら、1日だけで効果が出るものではないので継続が重要です。
根気よく続けていきましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.