> >

ムダ毛に対する意識は国によって異なる!アメリカと日本の脱毛事情



アメリカ
脱毛技術において最も優れているのがアメリカです。アメリカではいわゆる陰部であるVIOラインを剃るのが常識となっています。そうした手入れの必要性があるというのとは別に、アメリカ人の体質として剛毛な人が多いということが理由として挙げられます。また、性同一障害の中でもゲイと呼ばれる人が比較的に表だって表現できる国でもあります。更に多種多様な人種がいて、その中には南米系など剛毛になりやすい体質の人も多くいます。また、剛毛な男性がそれに悩んで脱毛をするというパターンも増えています。そうした理由からアメリカは脱毛先進国となっているのです。

 

日本人の脱毛意識がそれほど高くない理由

日本における脱毛技術は決して優れているとは言えない状況となっています。それは日本がアメリカの真似事ばかりをしているからです。日本人とアメリカ人では脱毛の方法が違います。そうした人種の差で後れを取っているということが背景に挙げられます。また、日本は脱毛技術が優れている時期もあったのですが、それが戦争中であったことから、「無駄な技術」と見切られて、廃止されてしまった経歴があります。そして、日本人が脱毛処理を主に行うのはワキの脱毛であります。それは、比較的自分で処理をしやすい部分でもあるため、脱毛サロンなどが発展しにくいという側面もあります。美容として特に気を付けている人がかかるものという認識でいていいでしょう。

 

日本の脱毛事情の今後

しかし、日本の脱毛社会は大きく変化しています。従来のアメリカ型の脱毛から、日本人に合わせた脱毛を行う脱毛サロンが増えてきたり、美脚や美肌などを気にする人にとっては必須のものとなったりしています。また、夏にかけて自分の肌を露出する機会が多くなっているというのも脱毛への意識が高まっている証拠でしょう。自分でやってもしも失敗してしまったらということや、肌へのダメージを考えて、脱毛サロンなどに通った方がいいという人も増えています。

また、日本人の中にも毎日手入れをしなくては次々と生えてくるという人もおり、そうした人への医学的アプローチとして脱毛サロンや脱毛クリニックが挙げられている側面もあります。更には日本でもテレビなどの影響で、ゲイだとアピールすることが許されている土壌が広がっており、そうした人が脱毛サロンなどを使用しているという背景もあります。

日本における脱毛技術は発達しているとは言い難いのが現状ですが、徐々にその技術は上がってきています。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.