> >

埋没毛、炎症…毛穴トラブルの原因は間違った自己処理。炎症が起こる仕組みを解説



ムダ毛処理

 

カミソリについた雑菌が脚の毛穴を炎症させる

カミソリについた雑菌が、脚の毛穴を炎症させます。カミソリは、肌バリア機能を低下させる原因にも。肌バリアがなくなると、菌に対する抵抗力が落ちます。

 
不清潔なカミソリは、毛穴の炎症の原因になるので、使わないようにしましょう。使ったら乾燥させて清潔に保管します。消毒するのも忘れずに。切れ味を損なわないように替え刃をマメに交換するのも大切です。

 

 

深剃りは雑菌が侵入し脚の毛穴を炎症させる

脚のムダ毛を深剃りすると、肌が傷つきます。肌を再生しようと毛穴をふさぎます。再びふさがった毛穴をムリやり突き破って生えてくるので、肌が傷つき雑菌が侵入。炎症を起こします。

 
二度剃り、三度剃りを繰り返す深剃りは、一時的にキレイになりますが、おすすめできません。さらに肌バリア機能を低下させる原因になるので、絶対避けましょう。
カミソリよりも電気シェーバーがおすすめです。使ったらしっかり洗い、消毒しましょう。これで深剃りを防ぎ、雑菌の侵入を防げます。

 

 

抜くと毛穴に雑菌が入り込む

脚のムダ毛を抜くと、毛穴に傷がつきます。そこから雑菌が入り込んで炎症します。ひどいときは毛母細胞まで繁殖…そうなると炎症で肌表面がデコボコに。脚の毛穴を慢性的に炎症させてしまいます。私もこれで皮膚科行きになりました。

 
抜くのはカミソリ以上にダメージを与える行為なので、絶対にやらないようにしましょう。

 

 

脚の毛穴の雑菌を消毒すれば炎症しない?

脚の毛穴の炎症の原因は、雑菌の侵入で起こります。だからと言って皮膚を消毒するのはおすすめできません。その理由は、肌バリア機能を低下させるおそれがあるからです。

 
アルコールなどの消毒液は、肌を乾燥させてしまいます。これが肌バリアの低下につながり、雑菌に対する抵抗力だけでなく、さまざまな肌トラブルの原因になってしまいます。

 
自己処理前はお風呂でキレイになった状態でやるのがベスト。消毒は肌よりも、カミソリやシェーバーに使い、清潔を保ちましょう。

 

 

脚の毛穴の炎症の原因は雑菌

自己処理を続ける以上、改善されません。だからと言ってムダ毛処理しないわけにもいかず…。一度炎症した毛穴は、自己処理をやるたび繰り返すのが特徴です。

 
私も脚の自己処理が原因で、毛穴を炎症させました。繰り返しているうちにひどくなり、ついに皮膚科行きに…。よかれと思ってやっているのが、実は逆効果。それに気づき、脱毛エステに通ってようやく悩みから解放されました。
自己処理を続ける以上、つきまとう問題ですね。完全に解放されるなら、脱毛サロンがおすすめですよ。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.