> >

女性のムダ毛を増やす原因、男性ホルモン。ホルモンバランスの乱れがヒゲ女を増やしている



ホルモンバランス崩れ

 

ムダ毛が多い少ないには個人差がありますよね、ムダ毛が薄ければ、その分脱毛処理の手間もかからなくなります。
体中の毛には女性ホルモンと男性ホルモンが関わっているのですが、実は「ムダ毛」の量に大きく影響するのが男性ホルモンです。

 

 

人の体毛は3種類に分けられる

様々な部位に体毛がありますが、性別問わず生える毛と、性別によって生える毛など3つに分けられます。

 

1:無性毛

女性ホルモン、男性ホルモンに関わらず発毛する毛です。眉毛、まつ毛、側頭部・後頭部の頭髪などが該当します。

 

2:両性毛

女性ホルモンや男性ホルモンが関係して、男女共通で発毛する毛です。ワキ毛やデリケートゾーンなどがこれにあたります。

 

3:男性毛

男性ホルモンが関わって発毛します、主に男性に発毛が多い毛です。ひげ、胸毛、背中、耳、手足、おへそまわり、前頭部・後頭部などです。つまりムダ毛と言われる体毛は男性毛に当たります。
体毛の量には男性ホルモンが強く影響していることがわかったと思います。
女性なのにムダ毛が多いと感じている人は、ホルモンバランスが乱れているからかもしれません。
男性ホルモンが多いとムダ毛も多く濃くなるので、脱毛サロンでの脱毛施術でも効果が出にくかったり、時間がかかってしまうでしょう。

 

 

ストレスと肥満がムダ毛に影響する!?

ストレスによって自律神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの分泌が増えることがあります。
顔のうぶ毛や、口まわり(ヒゲ)の毛が急に気になるようになったら、ホルモンバランスが崩れていることが考えられます。
また、肥満の状態も男性ホルモンの分泌を増加させてしまいますので、ムダ毛が生えやすくなります。
他人に比べてムダ毛が多いと感じている人は、ストレスの溜まった生活をしていたり、肥満気味ではありませんか?

 

 

女性ホルモンがムダ毛を抑制する

男性ホルモンが多いとムダ毛が多くなるので、反対に女性ホルモンを増やせばムダ毛を抑制することに繋がります。
ストレスのない生活や肥満の解消はもちろんですが、イソフラボンを含む大豆製品を食べるようにするとムダ毛の抑制に効果があると考えられます。

 
イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするので、ムダ毛にも効果が期待できるのです。
納豆なら1パック、豆腐なら半丁が1日の摂取目安です。
イソフラボンを含んだ抑毛ローションも販売されていたり、自宅で作ったりもできるので試してみるのもいいかもしれません。

 

生活習慣の乱れもホルモンバランスの崩れにつながる

女性はホルモンバランスが整っている場合、ムダ毛はそんなにたくさん生えてこないようになっています。
脱毛によってムダ毛を無くすのもひとつの手段ですが、ムダ毛が多いと感じる方は食習慣や睡眠など、基本的な生活習慣が乱れていることが原因とも考えられます。
脱毛サロンに通う場合でも、ホルモンバランスが整った状態の方が早く効率的に脱毛効果を感じられるかもしれませんね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.