> >

間違ったムダ毛処理は肌荒れ・埋没毛・炎症を起こす。こんな自己処理やってませんか?



自己処理

 

自分でムダ毛処理をする際、皆さんはどんな方法で行っていますか?
「毎日丁寧にやってます」とか、「下から上に向かって根元からしっかり剃ってます」、なんていう声が聞こえてきそうですが、実はこれ、間違った方法です。
ついついやってしまいがちなムダ毛処理でよくある間違った方法をご紹介します。

 

 

毎日カミソリで毛を剃っている

カミソリで剃るという方法は最も簡単で広範囲を処理できますが、すぐに毛が伸びてしまうのでついつい毎日の習慣にしてしまっている人もいるでしょう。
ですがこれはNGです。カミソリで剃るという方法は、肌の表面を一緒に削り取っていることになります。
これを毎日行うと、当然肌がボロボロになってしまいます。できれば週1回程度が望ましいです。

 

 

毛流れに反して剃っている

下から上に剃ったほうが根元までしっかり剃れるような気がしますよね、実際にそのようにカミソリを使っている人も多いかもしれません。
ですがこれもNGです、肌を余計に傷つけてしまうのでトラブルの原因になります。
毛流れの通り上から下に向かって処理するようにしましょう。

 

 

お風呂場でボディソープや石鹸で剃る

お風呂場で体を洗いながらカミソリで処理する人は多いでしょう、その際にボディソープや石鹸の泡を使って剃ってしまうとお肌を傷つけてしまいます。
ボディソープには界面活性剤が含まれているので、肌がふやけて傷つきやすくなっています。
シェービング専用のジェルやフォームを使うようにしましょう。
また、お風呂場自体も雑菌が多い場所なので、実はムダ毛処理する場所には向いていません。できればホットタオルなどを活用して、お部屋で処理するのが一番です。

 

 

毛抜きを使う

毛抜きでの脱毛は面倒ですが、抜いてしまえばしばらく生えてこないので長持ちしますよね。
脇のムダ毛処理を毛抜きで行うという方もいると思います。
でも、実は毛抜きでの処理は避けたい方法です、毛を抜くことで皮膚も一緒に引っ張って傷つけてしまうので、黒ずみやブツブツ肌などのトラブルに繋がります。また、肌の中に毛が残ってしまう埋没毛の原因にもなります。

 
この中にいつもの脱毛方法はありませんでしたか?
もし普段このようにお手入れしていたという方は次回からは改めて、正しいセルフ脱毛を行いましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.